内部犯行に関するレポート、日本の認識の低さが明らかに(アズム、Vormetric) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

内部犯行に関するレポート、日本の認識の低さが明らかに(アズム、Vormetric)

アズムは、米Vormetric社による内部犯行に関する調査レポートの最新版として、日本およびASEANにフォーカスした「2015 Insider Threat Report Japan and ASEAN edition(日本/ASEAN版)」の日本語版を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
「2015 Insider Threat Report Japan and ASEAN edition(日本/ASEAN版)」
「2015 Insider Threat Report Japan and ASEAN edition(日本/ASEAN版)」 全 4 枚 拡大写真
株式会社アズムは5月12日、米Vormetric社による内部犯行に関する調査レポートの最新版として、日本およびASEANにフォーカスした「2015 Insider Threat Report Japan and ASEAN edition(日本/ASEAN版)」の日本語版を発表した。調査は米Harris Poll社が、世界各国の企業におけるITに関する意思決定者818人(日本102名 / ASEAN 103名を含む)を対象に2014年9月・10月にオンラインで実施し、結果の解析とレポートの作成は米Ovum社が行っている。

調査結果によると、内部脅威に対して無防備だと感じている企業は日本で87%、ASEANで84%と高いが、「非常に・極めて」無防備という認識は米国で44%、ASEANで33%であるのに対し、日本では17%と低い結果となった。また、機密データの損失が発生するリスクはどこにあるかという質問では、日本はモバイルデバイス(58%)、PC/ワークステーション(47%)が多く回答されたが、ASEANではファイルサーバ(50%)、データベース(45%)、米国ではクラウド環境(46%)、データベース(37%)が多く、認識の違いが明らかになっている。

さらに、最もリスクであると思われる内部関係者は誰かという質問では、日本は一般社員(56%)、契約社員/外注社員(52%)、特権ユーザ(37%)が挙げられたことに対し、ASEANおよび米国では特権ユーザ(62%・60%)、社内へアクセス可能な外部パートナー(60%・51%)という結果であった。向こう12カ月以内にデータ脅威対策のために「ITセキュリティへの投資を増やす」と回答した比率では、日本が27%、ASEANが64%、米国が62%と、日本のセキュリティ投資の低さが目立った。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

    富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

  2. スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

    スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

  3. パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

    パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

  4. 富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

    富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

  5. イトーヨーギョーのサーバにランサムウェア攻撃、現時点で情報流出は確認されず

    イトーヨーギョーのサーバにランサムウェア攻撃、現時点で情報流出は確認されず

  6. Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

    Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

  7. 「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

    「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

  8. クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

    クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

  9. LogStareのSOCの窓 第2回「現代アートと化すファイアウォール」

    LogStareのSOCの窓 第2回「現代アートと化すファイアウォール」

  10. スマートバリュー、開示情報の案内を誤送信しメールアドレス流出

    スマートバリュー、開示情報の案内を誤送信しメールアドレス流出

ランキングをもっと見る