脅威インテリジェンス・ネットワークを活用する企業が1,000社を超える(日本IBM) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

脅威インテリジェンス・ネットワークを活用する企業が1,000社を超える(日本IBM)

日本IBMは、脅威インテリジェンス・ネットワーク「X-Force Exchange」を活用する企業が1,000社を超えたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
脅威インテリジェンス・ネットワーク「X-Force Exchange」
脅威インテリジェンス・ネットワーク「X-Force Exchange」 全 1 枚 拡大写真
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は5月18日、脅威インテリジェンス・ネットワーク「X-Force Exchange」を活用する企業が1,000社を超えたと発表した。業界は16業界に及んでいる。X-Force Exchangeは、世界中の脅威監視ネットワークから得られる現在進行中のサイバー攻撃に関するレポートなどを含む、同社が長年にわたり蓄積してきた脅威に関する情報やリアルタイムのデータ・フィードを開示するプラットフォーム。

同社は4月、X-Force Exchangeを通じて同社が20年にわたり蓄積してきた悪意のあるサイバー攻撃に関するデータのほか、IBMがセキュリティの運用管理を行っている何千社の企業から得られた匿名の脅威データ、700TBを開示している。参加企業は、4月のみで300を超える脅威データのコレクションを新たに作成した。現在、1日あたり1,000件を超えるデータ照会が行われており、その企業の中には世界の小売業トップ10のうち6社、銀行トップ10のうち5行のほか、自動車、教育、ハイテク業界のトップ10企業なども含まれているという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

    クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

  5. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  6. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  7. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  8. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  9. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  10. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

ランキングをもっと見る