不正アクセスにより約11万件の情報が流出の可能性(北海道大学) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

不正アクセスにより約11万件の情報が流出の可能性(北海道大学)

北海道大学は13日、不正アクセスを受けた疑いがあり、そのため同大学のサーバにあった約11万件の個人・企業情報が流出した可能性があることを発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
北海道大学のウェブサイト
北海道大学のウェブサイト 全 2 枚 拡大写真
 北海道大学は13日、不正アクセスを受けた疑いがあり、そのため同大学のサーバにあった約11万件の個人・企業情報が流出した可能性があることを発表した。

 2015年12月27日、大学より大量のスパムメールが送信されたことが発端。その後、該当のサーバが同大学のキャリアセンターのファイルサーバであることが分かり、またそのサーバが不特定多数の外部サーバと通信していたことが判明した。

 該当サーバ内には、約1万8,000人の在学生、約9万5,000人の卒業生、約2,000社の企業など、合計で約11万件の個人情報および企業情報が所蔵されており、同大学ではこれらのデータが流出している可能性があるとしている。

 現在、流出の有無のほか、同大学内に設置している他サーバについてもセキュリティ状況の調査を行っているとのこと。なお、現時点では二次被害は確認されていないという。

約11万件が流出の可能性、北海道大に不正アクセスか

《編集部@RBB TODAY》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  3. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

    岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  4. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

    マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソードPR

  5. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

ランキングをもっと見る
PageTop