ここが変だよ日本のセキュリティ 第20回「セキュリティ人材の老後問題」 | ScanNetSecurity
2024.07.17(水)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第20回「セキュリティ人材の老後問題」

日本を代表するIT企業の本体とかで、セキュリティ事業部門から社長が出たらビックリだろうね。いや、マジでそんなことは起きませんよ、絶対に。だって、セキュリティは会社の利益に大きく貢献することは無い。法務部門が長くて社長になったなんて聞かないのと同じだ。

特集 特集
日ノ本一の兵とまで言われた真田幸村、長野県上田市では大河ドラマ化もあって顔出しの看板まであったよ。真田幸村の兜の顔はどう見てもウォーズマン・スマイルだ。My彼女の顔出しも髪型がしっくり似合っていて注目して欲しい。
日ノ本一の兵とまで言われた真田幸村、長野県上田市では大河ドラマ化もあって顔出しの看板まであったよ。真田幸村の兜の顔はどう見てもウォーズマン・スマイルだ。My彼女の顔出しも髪型がしっくり似合っていて注目して欲しい。 全 1 枚 拡大写真
何だね君はぁ? 「今年の大河ドラマ 『真田丸』では、織田、上杉、北条と主君を変え生き延び、表裏卑怯の者とまで言われた真田昌幸役の演技が光っているけど、我らセキュリティ人材も主君を転職で変えながら生き残っていますよ!」

2016年4月前後は、有名セキュリティ・プレイヤーが大きく動く話を度々聞くけど、それは企業内に長く活躍できるロードマップが期待できないからさ。そんなセキュリティ人材の今後を、老後問題と称して考えてみたよ。

●若者に老害を振りまく筆者

国際カンファレンスCode Blueの打ち上げ3次会で、新宿歌舞伎町の怪しげな上海小吃で飲んでいた時のこと。運営を手伝っていた大学生から「SOCで攻撃を監視する仕事に憧れています!」と言われ、筆者はついつい水を差すような言葉を返してしまった。

《2次元殺法コンビ》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. 本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選

    本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選PR

  3. 浪江町職員が不正アクセスで逮捕

    浪江町職員が不正アクセスで逮捕

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. ユニテックフーズに不正アクセス、サーバ上のファイルの拡張子が書き換えられる

    ユニテックフーズに不正アクセス、サーバ上のファイルの拡張子が書き換えられる

  6. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  7. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

    日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  8. わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

    わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

  9. 日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウ

    日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウPR

  10. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

    パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

ランキングをもっと見る