[インタビュー] セキュリティ診断で検知される脆弱性の傾向に変化あり(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

[インタビュー] セキュリティ診断で検知される脆弱性の傾向に変化あり(NTTデータ先端技術)

山下「NTTデータ先端技術では、脆弱性を見つけることを仕事のゴールと考えていないところに理由があるかもしれません。」

特集 特集
「上流工程で作り込まれた脆弱性が増えている」 NTTデータ先端技術株式会社 セキュリティ事業部 セキュリティ診断担当 課長 山下 昌弘 氏
「上流工程で作り込まれた脆弱性が増えている」 NTTデータ先端技術株式会社 セキュリティ事業部 セキュリティ診断担当 課長 山下 昌弘 氏 全 1 枚 拡大写真
イード サイバーセキュリティアワード 2016 エンタープライズ 脆弱性診断サービス(NW/WebApp)部門において、「サービス利用満足度」1 位に選ばれたNTTデータ先端技術株式会社。診断業務を担当する山下 昌弘 課長へのインタビューを通じ、高い満足度を誇るセキュリティ診断の秘密を探る。


――連日のように企業の情報漏洩やハッキング事件が報じられています。世間のセキュリティ診断サービスへの関心に何か変化を感じますか。

関心と需要が年々高まっています。当社はもともと、3 月などの年度末に診断依頼が増える傾向があったのですが、3 ~ 4 年ほど前からでしょうか、年度を過ぎて新年度になっても依頼が減らなくなってきました。また、以前は大企業からの依頼が多かったのですが、近年は大企業のグループ会社など、中小企業を含めた幅広いお客様からの診断依頼が増えています。診断を義務化している企業の数も増加しています。

――では、診断によって見つかる脆弱性には、何か変化や新しい傾向はありますか。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

    「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

  2. PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

    PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

  3. 国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

    国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

  4. 京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

    京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

  5. 二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

    二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

  6. 2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

    2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

  7. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  8. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  9. 順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

    順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

  10. 実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

    実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

ランキングをもっと見る