外からのサイバー攻撃と内部犯行の違いとは~内部不正対策の三要素 | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

外からのサイバー攻撃と内部犯行の違いとは~内部不正対策の三要素

外部からのサイバー犯罪に比べ異なった対策が必要とされる内部犯行。特に「正規権限を持つ内部者による犯行」は検知が困難だ。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
「内部犯行は脆弱性ではなく『内部統制の欠陥』を悪用する」  NHNテコラス株式会社セキュリティ事業部 三浦 康暢 氏
「内部犯行は脆弱性ではなく『内部統制の欠陥』を悪用する」 NHNテコラス株式会社セキュリティ事業部 三浦 康暢 氏 全 6 枚 拡大写真
外部からのサイバー犯罪に比べ異なった対策が必要とされる内部犯行。特に「正規権限を持つ内部者による犯行」は検知が困難だ。そんな内部犯行への対策について、NHN テコラス株式会社 セキュリティ事業部の三浦 康暢 氏(CISSP、PMP)が事例を交えて講演を行った。

●幅広い事業領域

NHNテコラスは、セキュリティ事業部をはじめとして、歴史あるデータセンター「DATAHOTEL」を運営するデータホテル事業本部、コマース事業本部などがあり、グループ会社ではモバイルコミックの「comico」や「妖怪ウォッチ ぷにぷに」などのスマートフォンゲーム、PCオンラインゲームの「HANGAME」なども提供している。同社のCSIRTではDATAHOTELの5,000台の物理サーバ、2,000台の仮想サーバ、3,000台のPCを監視しているほか、スマートフォンゲームのインシデントにも対応しているという。

●内部犯行対策の3つのキーファクター

三浦氏は、外部攻撃と内部犯行の比較として、外部攻撃がアプリケーションやプラットフォームの「脆弱性」を悪用するのに対し、内部犯行は「内部統制の欠陥」を悪用するとした。また、比較として、外部攻撃の犯人の特定は困難であるが、内部犯行ではその特定が可能であること、攻撃の期間は外部攻撃が短期間で単発であるのに対し、内部犯行は長期にわたり繰り返し行われることなどを挙げた。

内部統制の欠陥を解消し強化するために、三浦氏は「アクセス制御と監査」「特権ユーザ管理」「雇用形態別対策」の3つが必要なキーファクターであるという。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. なぜハードディスクは消えたのか、これからもまた消えるのか

    なぜハードディスクは消えたのか、これからもまた消えるのか

  2. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  3. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  4. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  5. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  6. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  7. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  8. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  9. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  10. 顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

    顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

ランキングをもっと見る