「Apache Struts2」に任意コード実行の脆弱性、至急の対策を呼びかけ(IPA) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

「Apache Struts2」に任意コード実行の脆弱性、至急の対策を呼びかけ(IPA)

IPAは、「Apache Struts2」の脆弱性対策について注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
脆弱性を悪用した攻撃のイメージ
脆弱性を悪用した攻撃のイメージ 全 1 枚 拡大写真
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月8日、「Apache Struts2」の脆弱性対策について注意喚起を発表した。Apache Strutsは、Apache Software Foundationが提供する、JavaのWebアプリケーションを作成するためのソフトウェアフレームワーク。Apache Struts 2には、「Jakarta Multipart parser」のファイルアップロード処理に起因する、リモートで任意のコードが実行される脆弱性(CVE-2017-5638)が存在する。

影響を受けるバージョンは、「Apache Struts 2.3.5 から 2.3.31」および「Apache Struts 2.5 から 2.5.10」で、Apache Struts 1 への影響は現在のところ不明としている。Apache Software Foundationは、同脆弱性を修正した最新版「Apache Struts 2.3.32」および「2.5.10.1」を公開している。IPAでは、同脆弱性を悪用する攻撃コードおよび攻撃コードを用いたと思われる通信や被害が発生したとの情報が確認されているため、対策済みのバージョンへのアップデートや回避策を至急実施するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 沖電気のファイルサーバに不正アクセス、一部データが読み出された可能性

    沖電気のファイルサーバに不正アクセス、一部データが読み出された可能性

  2. MUFGでクレジットカード番号をメール誤送信、「非表示」状態に気付かず

    MUFGでクレジットカード番号をメール誤送信、「非表示」状態に気付かず

  3. 警察庁、活動再開したEmotet解析 新たにThunderbirdも情報窃取対象に

    警察庁、活動再開したEmotet解析 新たにThunderbirdも情報窃取対象に

  4. ロイヤルホームセンター公式サイトに不正アクセス、サーバ入れ替え 12/1 復旧

    ロイヤルホームセンター公式サイトに不正アクセス、サーバ入れ替え 12/1 復旧

  5. みずほ銀行の度重なる障害に業務改善命令、IT現場の実態を軽視

    みずほ銀行の度重なる障害に業務改善命令、IT現場の実態を軽視

  6. 文部科学省でも来年1月4日からPPAP廃止、今後はBoxで添付ファイルをやり取り

    文部科学省でも来年1月4日からPPAP廃止、今後はBoxで添付ファイルをやり取り

  7. 滋賀県のスーパー平和堂のショップサイトで最大4,774件の個人情報が閲覧可能に

    滋賀県のスーパー平和堂のショップサイトで最大4,774件の個人情報が閲覧可能に

  8. DX時代のセキュリティ人材の条件 ~ トレンドマイクロ調査

    DX時代のセキュリティ人材の条件 ~ トレンドマイクロ調査

  9. メール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」が脱PPAPとして新たにBox対応

    メール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」が脱PPAPとして新たにBox対応

  10. 複数のエレコム製 LAN ルーターに複数の脆弱性

    複数のエレコム製 LAN ルーターに複数の脆弱性

ランキングをもっと見る