ランサムウェア、アクセス試行IDなど、データでみる2016年のサイバー脅威(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

ランサムウェア、アクセス試行IDなど、データでみる2016年のサイバー脅威(エフセキュア)

エフセキュアは、サイバーセキュリティレポート「サイバーセキュリティの状況2017年(STATE OF CYBER SECURITY 2017)」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
2016年の主な出来事
2016年の主な出来事 全 4 枚 拡大写真
エフセキュア株式会社は3月16日、サイバーセキュリティレポート「サイバーセキュリティの状況2017年(STATE OF CYBER SECURITY 2017)」を発表した。同レポートは、サイバーセキュリティの研究者や専門家が、脅威の背景にある主要問題に関するデータや見識を示したもの。これによると、2016年のユーザへの直接的な脅威はランサムウェアがもっとも大きかったとしている。

旧式Android搭載デバイスの使用率がもっとも高い国はインドネシアで、もっとも低い国はノルウェーであった。また、2015年には44だったランサムウェアファミリーが、2016年には197を新たに検出している。さらに2016年は、エクスプロイトキットの使用が減少した。一方で、エフセキュアのハニーポットへの攻撃によく使われたIDは「root」「admin」「user」、パスワードは「root」「support」「111111」が多かった。

同社のセキュリティアドバイザーであるショーン・サリバン氏は、「脅威のさまざまな度合いが産業化し、サイバー犯罪者が利益を得るための最も一般的な手段がマルウェアだけではなくなった。すなわち、マルウェア後の世界に入った」と述べている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

    三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

  2. 「これまでPPAP推奨したことはない」旨をプライバシーマークのJIPDECが明言

    「これまでPPAP推奨したことはない」旨をプライバシーマークのJIPDECが明言

  3. 最もよく使われているパスワード、「ポケモン」「NARUTO」「遊戯王」ランクイン

    最もよく使われているパスワード、「ポケモン」「NARUTO」「遊戯王」ランクイン

  4. 「Peatix」に不正アクセス、最大677万件のユーザー情報流出

    「Peatix」に不正アクセス、最大677万件のユーザー情報流出

  5. カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

    カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

  6. 「Disney+」「GitHub」「Imperva」「Tesla」「Zoom」他 9つのセキュリティ侵害分析レポート

    「Disney+」「GitHub」「Imperva」「Tesla」「Zoom」他 9つのセキュリティ侵害分析レポート

  7. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  8. 「ふくいナビ」クラウドの全データ消失、NECキャピタルソリューション社内手続ミスが原因

    「ふくいナビ」クラウドの全データ消失、NECキャピタルソリューション社内手続ミスが原因

  9. 保険代理店業務受託会社の顧客管理システムへ不正アクセス

    保険代理店業務受託会社の顧客管理システムへ不正アクセス

  10. 昇給見送りの腹いせ、システム改ざんしたブリティッシュ・ビジネス・バンクの IT ワーカー 裁判の行方

    昇給見送りの腹いせ、システム改ざんしたブリティッシュ・ビジネス・バンクの IT ワーカー 裁判の行方

ランキングをもっと見る