自動運転の 3 つのセキュリティ課題を解決する「攻撃者視点」とは | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.25(日)

自動運転の 3 つのセキュリティ課題を解決する「攻撃者視点」とは

Rapid7は、IoTおよび自動車へのセキュリティ脅威のトレンドと、Rapid7の新ソリューションについて記者発表を行った。

脆弱性と脅威 脅威動向
米Rapid7の運輸関連セキュリティ リサーチダイレクターであるクレイグ・スミス氏
米Rapid7の運輸関連セキュリティ リサーチダイレクターであるクレイグ・スミス氏 全 9 枚 拡大写真
ラピッドセブン・ジャパン株式会社(Rapid7)は5月16日、IoTおよび自動車へのセキュリティ脅威のトレンドと、Rapid7の新ソリューションについて記者発表を行った。これは、米Rapid7の運輸関連セキュリティ リサーチダイレクターであるクレイグ・スミス氏の来日に合わせ開催されたもの。

●急激に増加するIoT機器による通信

クレイグ氏はセキュリティ分野で20年の経験があり、直近6年間は自動車のセキュリティに注力している。「Car Hacker's Handbook」の著者としても有名だ。クレイグ氏はIoTセキュリティの現状として、さまざまな分野でIoTが本格的に活用されつつあるが、IoT機器のインターネット通信を把握しているケースは少なく、そもそもIoT機器が使用されていること気づいていない企業も多いと指摘した。

同社の調査によると、一般的に使用されるサーバとは異なるHTTP/TCP 80を使った通信を1,000万件検知しているという。これらは主に組み込みIoT機器による通信で、米国、欧州、アジア地域で多く検知されている。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  3. 6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

    6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

  4. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  5. サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

    サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

  6. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  7. マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック)

    マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック)

  8. 盗んだデータの不足をフィッシングで補完、不正口座の開設も(アカマイ)

    盗んだデータの不足をフィッシングで補完、不正口座の開設も(アカマイ)

  9. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  10. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

ランキングをもっと見る