中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register) | ScanNetSecurity
2019.12.06(金)

中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

コンテンツ配信ネットワーク「CDNetworks」のEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)担当責任者であるアレックス・ナム氏は、海外のインターネット企業は中国での取引が今後は困難になるだろうと警告した。

国際 TheRegister
木曜日(編集部註:2017年6月1日)に発効する中国の新しいサイバーセキュリティ法が外国企業が中国国内で行っている取引を困難にするかもしれない。

この規制の下では、中国の市民に関するデータ(個人情報、給与の詳細などを含む)は中国国内でしか保持できない。さらにこの法律は、中国政府が定義する国家安全保障または公益に関する経済的、科学的、技術的データの海外への送信も禁じることになる。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《The Register》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  2. マルウェア「Emotet」の感染被害増加、なりすましメールに注意(JPCERT/CC)

    マルウェア「Emotet」の感染被害増加、なりすましメールに注意(JPCERT/CC)

  3. メールアカウントへの不正アクセス、送受信したメールデータが流出の可能性(RIZAPグループ)

    メールアカウントへの不正アクセス、送受信したメールデータが流出の可能性(RIZAPグループ)

  4. 双葉電子工業のフィリピン子会社が Emotet 感染 ほか ~ 2019 年 11 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    双葉電子工業のフィリピン子会社が Emotet 感染 ほか ~ 2019 年 11 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  5. ゲームソフトのコピー販売で逮捕、2カ月で約250万円を荒稼ぎ(ACCS)

    ゲームソフトのコピー販売で逮捕、2カ月で約250万円を荒稼ぎ(ACCS)

  6. ペネトレーションテストが脆弱性診断の上位互換サービスであるという誤解 ~ セキュリティ標準化企業 SHIFT SECURITY 執行役員 松尾雄一郎に聞く

    ペネトレーションテストが脆弱性診断の上位互換サービスであるという誤解 ~ セキュリティ標準化企業 SHIFT SECURITY 執行役員 松尾雄一郎に聞くPR

  7. 国へのサイバー攻撃、ハッキングのビジネス化など、2020年のサイバー脅威(サイファーマ)

    国へのサイバー攻撃、ハッキングのビジネス化など、2020年のサイバー脅威(サイファーマ)

  8. 「LanScope Cat / An」に任意コード実行の脆弱性(MOTEX、JVN)

    「LanScope Cat / An」に任意コード実行の脆弱性(MOTEX、JVN)

  9. CrowdStrike Blog:CrowdStrike のモバイル脅威レポート、組織の保護に役立つ傾向と推奨事項

    CrowdStrike Blog:CrowdStrike のモバイル脅威レポート、組織の保護に役立つ傾向と推奨事項

  10. 創業30年、独自のセキュリティ遺伝子を継承するESET社 - CTO / CROインタビュー

    創業30年、独自のセキュリティ遺伝子を継承するESET社 - CTO / CROインタビュー

ランキングをもっと見る