不審メール訓練マンネリ化打破2つの方法(S&J) [ Email Security Conference 2017インタビュー] | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

不審メール訓練マンネリ化打破2つの方法(S&J) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

「メール訓練に課題感をお持ちの方に向けた講演です」S&J株式会社 コンサルティング部 部長 上原 孝之氏、背景は社名の由来となった守護神 千里眼(S)と順風耳(J)
「メール訓練に課題感をお持ちの方に向けた講演です」S&J株式会社 コンサルティング部 部長 上原 孝之氏、背景は社名の由来となった守護神 千里眼(S)と順風耳(J) 全 2 枚 拡大写真
9月26日に大阪、27日から29日まで東京で開催される「Security Week 2017」は、脅威とその対策の知見が世界から集まる情報セキュリティカンファレンスである。なかでも、併催される「 Email Security Conference 2017 」は、メールに関わるセキュリティ対策だけに特化した個性派イベントだ。

9月29日(金)9時55分からのセッション「不審メール訓練の欧米における最新動向~開かない訓練から、報告する訓練/不審メール対応への転換」に登壇する、S&J株式会社 コンサルティング部 部長 上原 孝之氏 に、講演の見どころを聞いた。現在企業で行われているメール訓練に、同氏は2つの提案があるという。


●総合セキュリティベンダ水準のサービスを提供

――まず御社の強みについて聞かせてください。

上原氏:S&Jの特長は、独自開発したシステムをもとに、お客様に最適なソリューションをワンストップで提供する点です。主力サービスは、ログ解析を行うSIEMプラットフォーム「SOC Engine」で、ログ収集や解析、検知、報告だけでなく、マルウェアの検体解析、インシデントレスポンスやフォレンジックまで提供します。また、SOC Engineを用いたSOC運用やCSIRT体制強化、新規SOC/CSIRTの立ち上げ支援も行います。

――メール訓練はある意味すでにコモディティ化しています。なぜいまメール訓練なのですか。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 情報漏えいをする人は会社にとって大切な人材~働き方改革成功の鍵を握るセキュリティのポイント(ワンビ)[Security Days Spring 2018]

    情報漏えいをする人は会社にとって大切な人材~働き方改革成功の鍵を握るセキュリティのポイント(ワンビ)[Security Days Spring 2018]PR

  2. プレスと自分の無力さを実感したフィンランドの2日間--F-Secureイベント

    プレスと自分の無力さを実感したフィンランドの2日間--F-Secureイベント

  3. 米ATMハッキング被害「ジャックポッティング」手法と対策(The Register)

    米ATMハッキング被害「ジャックポッティング」手法と対策(The Register)

  4. 不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

    不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

  5. 次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

    次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

  6. JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

    JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

  7. ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

    ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

  8. [セキュリティ ホットトピック] 「Meltdown」と「Spectre」問題点と最新動向おさらい

    [セキュリティ ホットトピック] 「Meltdown」と「Spectre」問題点と最新動向おさらい

  9. 「Quagga bgpd」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Quagga bgpd」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  10. 「静岡でiCloudへのサインインがあった」、偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

    「静岡でiCloudへのサインインがあった」、偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る