30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

NISCは、政府のサイバーセキュリティに関する予算(平成30年度予算概算要求)について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
政府のサイバーセキュリティに関する予算
政府のサイバーセキュリティに関する予算 全 1 枚 拡大写真
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は9月20日、政府のサイバーセキュリティに関する予算(平成30年度予算概算要求)について発表した。これによると、政府の平成30年度予算概算要求額は727.5億円で、平成29年度当初予算額である598.9億円から約120億円の増加となっている。10億円以上の予算を計上しているのは9施策、総務省は新たに「IoTセキュリティ総合対策の推進」として6.0億円を計上している。

10億円以上の主な施策は、経済産業省:IPA交付金(52.9億円)、内閣官房:内閣サイバーセキュリティセンター予算(48.9億円)、厚生労働省:組織、ヒト、ルール、システムの観点から情報セキュリティ対策を強化(46.5億円)、防衛省:移動系システムを標的としたサイバー攻撃対処のための演習環境整備に関する研究(45.4億円)、経済産業省:サイバーセキュリティ経済基盤構築事業(27.0億円)、文部科学省:高等教育機関におけるセキュリティ人材の育成(20.5億円)、総務省:ナショナルサイバートレーニングセンターの構築(17.0億円)、個人情報保護委:特定個人情報(マイナンバーをその内容に含む個人情報)に係るセキュリティの確保を図るための委員会における監視・監督体制の拡充及び強化(12.4億円)となっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 正規のデジタル証明書で署名されたマルウェアを確認(カスペルスキー)

    正規のデジタル証明書で署名されたマルウェアを確認(カスペルスキー)

  2. 特定条件での脆弱性が発覚、「消費税転嫁・下請取引申告受付システム」を一時停止(経済産業省)

    特定条件での脆弱性が発覚、「消費税転嫁・下請取引申告受付システム」を一時停止(経済産業省)

  3. パスワードや認証情報を狙う脅威が多発--四半期レポート(ウォッチガード)

    パスワードや認証情報を狙う脅威が多発--四半期レポート(ウォッチガード)

  4. ローソンIDサイトにパスワードリスト攻撃が多発、全パスワードのリセットを実施(ローソン)

    ローソンIDサイトにパスワードリスト攻撃が多発、全パスワードのリセットを実施(ローソン)

  5. リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

    リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

  6. ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

    ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

  7. 日本に22番目の拠点を設立、シェア3位を狙う(ESET、キヤノンITS)

    日本に22番目の拠点を設立、シェア3位を狙う(ESET、キヤノンITS)

  8. ここが変だよ日本のセキュリティ 第34回 「セキュリティ・〇ンコ知新ドリル」前編 過去に学ぶ

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第34回 「セキュリティ・〇ンコ知新ドリル」前編 過去に学ぶ

  9. Appleが「Safari」「iOS」など5製品のセキュリティアップデートを公開(JVN)

    Appleが「Safari」「iOS」など5製品のセキュリティアップデートを公開(JVN)

  10. ここが変だよ日本のセキュリティ 第35回 「セキュリティは夏を制したものが勝つ?」後編 過去に学ぶ

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第35回 「セキュリティは夏を制したものが勝つ?」後編 過去に学ぶ

ランキングをもっと見る