30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

政府のサイバーセキュリティに関する予算
政府のサイバーセキュリティに関する予算 全 1 枚 拡大写真
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は9月20日、政府のサイバーセキュリティに関する予算(平成30年度予算概算要求)について発表した。これによると、政府の平成30年度予算概算要求額は727.5億円で、平成29年度当初予算額である598.9億円から約120億円の増加となっている。10億円以上の予算を計上しているのは9施策、総務省は新たに「IoTセキュリティ総合対策の推進」として6.0億円を計上している。

10億円以上の主な施策は、経済産業省:IPA交付金(52.9億円)、内閣官房:内閣サイバーセキュリティセンター予算(48.9億円)、厚生労働省:組織、ヒト、ルール、システムの観点から情報セキュリティ対策を強化(46.5億円)、防衛省:移動系システムを標的としたサイバー攻撃対処のための演習環境整備に関する研究(45.4億円)、経済産業省:サイバーセキュリティ経済基盤構築事業(27.0億円)、文部科学省:高等教育機関におけるセキュリティ人材の育成(20.5億円)、総務省:ナショナルサイバートレーニングセンターの構築(17.0億円)、個人情報保護委:特定個人情報(マイナンバーをその内容に含む個人情報)に係るセキュリティの確保を図るための委員会における監視・監督体制の拡充及び強化(12.4億円)となっている。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第32回 「2018セキュリティニュースの歩き方」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第32回 「2018セキュリティニュースの歩き方」

  2. 社員が外部オンラインストレージに顧客情報をアップロード(レオガーデン)

    社員が外部オンラインストレージに顧客情報をアップロード(レオガーデン)

  3. Googleのアメとムチ、Chromeが7月からHTTP接続をさらし者に(The Register)

    Googleのアメとムチ、Chromeが7月からHTTP接続をさらし者に(The Register)

  4. DDoS攻撃は横ばい、Webアプリケーション攻撃は微減も総数はともに膨大(アカマイ)

    DDoS攻撃は横ばい、Webアプリケーション攻撃は微減も総数はともに膨大(アカマイ)

  5. パロアルトネットワークス製品の価格破壊、中小企業にありがたいクラウドサービス(マイクロネットワークテクノロジーズ)[Security Days Spring 2018]

    パロアルトネットワークス製品の価格破壊、中小企業にありがたいクラウドサービス(マイクロネットワークテクノロジーズ)[Security Days Spring 2018]PR

  6. サイバー実戦のノウハウ投入、「日本向け」次世代エンドポイントセキュリティ(サイバーリーズン・ジャパン)[Security Days Spring 2018]

    サイバー実戦のノウハウ投入、「日本向け」次世代エンドポイントセキュリティ(サイバーリーズン・ジャパン)[Security Days Spring 2018]PR

  7. たとえ漏えいしても参照不可、ブロックチェーン応用技術の共同開発(ラック、TRIART)

    たとえ漏えいしても参照不可、ブロックチェーン応用技術の共同開発(ラック、TRIART)

  8. イスラエルIntSights社インテリジェンスサービスを日本語で提供(アズジェント)

    イスラエルIntSights社インテリジェンスサービスを日本語で提供(アズジェント)

  9. 接続されている機器は管理者が考えているより2~3割多い(フォアスカウト・テクノロジーズ)[Security Days Spring 2018]

    接続されている機器は管理者が考えているより2~3割多い(フォアスカウト・テクノロジーズ)[Security Days Spring 2018]PR

  10. 自社セキュリティ対策状況を国内600社統計と比較(NRIセキュア)

    自社セキュリティ対策状況を国内600社統計と比較(NRIセキュア)

ランキングをもっと見る