30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

政府のサイバーセキュリティに関する予算
政府のサイバーセキュリティに関する予算 全 1 枚 拡大写真
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は9月20日、政府のサイバーセキュリティに関する予算(平成30年度予算概算要求)について発表した。これによると、政府の平成30年度予算概算要求額は727.5億円で、平成29年度当初予算額である598.9億円から約120億円の増加となっている。10億円以上の予算を計上しているのは9施策、総務省は新たに「IoTセキュリティ総合対策の推進」として6.0億円を計上している。

10億円以上の主な施策は、経済産業省:IPA交付金(52.9億円)、内閣官房:内閣サイバーセキュリティセンター予算(48.9億円)、厚生労働省:組織、ヒト、ルール、システムの観点から情報セキュリティ対策を強化(46.5億円)、防衛省:移動系システムを標的としたサイバー攻撃対処のための演習環境整備に関する研究(45.4億円)、経済産業省:サイバーセキュリティ経済基盤構築事業(27.0億円)、文部科学省:高等教育機関におけるセキュリティ人材の育成(20.5億円)、総務省:ナショナルサイバートレーニングセンターの構築(17.0億円)、個人情報保護委:特定個人情報(マイナンバーをその内容に含む個人情報)に係るセキュリティの確保を図るための委員会における監視・監督体制の拡充及び強化(12.4億円)となっている。

《吉澤 亨史》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  3. BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

    BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

  4. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  5. いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

    いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

  6. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  7. 3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

    3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

  8. 法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

    法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

  9. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  10. 患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

    患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

ランキングをもっと見る