工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第5回「ウソも方便」 | ScanNetSecurity
2020.03.30(月)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第5回「ウソも方便」

第三者を巻き込んで実行するには、百万円は安すぎる。百万円を手に入れるなら顧客データを盗んで売るなり、もっと手っ取り早い方法もありそうだ。

特集 フィクション
>>前回

「じゃっかん精神的に不安定というか、子供っぽいところがあります。ちょっとしたことで感情的になったり、いたずらっぽをしたりするところがあります。彼なら遊び半分で今回の事件をしでかしそうです。要求金額が少ないのも、いたずら半分でやったと思えば納得できます。ただ、どうやってIDとパスワードを入手したかはわからないんですが」

「ええと、そいつってもしかして、吉沢のIDとパスワードをのぞき見で盗めるんじゃないの?」

「……隣の席ですから、可能性はありますね。やっぱり、彼か……」

「あんたそこまで疑ってるなら、オレに頼まず自分で調べればいいんじゃないの?」

山岡は落ち着いているように見えるが、見かけ倒しだったかもしれない。

「それは職務ではありませんし、犯人だとわかってもどうすればいいかわかりませんし、警察に被害届を出さない以上、犯人は自由に行動できるわけですから、逆恨みされて何かされても困ります。先ほども申し上げましたけど、もし川辺が犯人だったら確実に逆恨みされます」

ある意味、正論だ。山岡みたいに犯人を畏れるヤツがいるから、オレへの依頼があるのだとも言える。

《一田 和樹》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

    脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

  2. リモートワークで社外に出ると失われる「3つの防御壁」とは?

    リモートワークで社外に出ると失われる「3つの防御壁」とは?PR

  3. 機械学習アルゴリズムに脆弱性(JVN)

    機械学習アルゴリズムに脆弱性(JVN)

  4. 新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

    新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

  5. 「Apache Tomcat」の脆弱性を確認するアクセスが増加(警察庁)

    「Apache Tomcat」の脆弱性を確認するアクセスが増加(警察庁)

  6. CISO に求める役割ベスト3とこれから求める役割(IPA)

    CISO に求める役割ベスト3とこれから求める役割(IPA)

  7. 「Xbox Series X」使用予定のソースコードが盗まれる(AMD)

    「Xbox Series X」使用予定のソースコードが盗まれる(AMD)

  8. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  9. 成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

    成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

  10. アンケート回答で1万円、Amazon騙るフィッシングメール(フィッシング対策協議会)

    アンケート回答で1万円、Amazon騙るフィッシングメール(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る