「公的個人認証サービス」クライアントに任意のコードを実行される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

「公的個人認証サービス」クライアントに任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月6日、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が提供するWindows版「公的個人認証サービス 利用者クライアントソフト」のインストーラに、DLL読み込みに関する脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは7.8。Pink Flying Whaleの黒翼猫氏が報告を行った。

「公的個人認証サービス 利用者クライアントソフト Ver3.1およびそれ以前」のインストーラには、DLLを読み込む際の検索パスに問題があり、意図しないDLLを読み込んでしまう脆弱性(CVE-2017-10893)が存在する。なお、Windows7環境下のみが影響を受ける。この脆弱性により、インストーラを実行している権限で任意のコードを実行される可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、Windows 7 のパッチ(KB2533623)を適用した上で、最新のインストーラを使用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  3. BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

    BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

  4. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  5. いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

    いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

  6. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  7. 3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

    3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

  8. 法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

    法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

  9. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  10. 患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

    患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

ランキングをもっと見る