公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

要件表記の一例
要件表記の一例 全 2 枚 拡大写真
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月7日、政府機関や自治体をはじめとするネットワークカメラシステムの調達者が活用できる「ネットワークカメラシステムにおける情報セキュリティ対策要件チェックリスト」を公開した。これは、公共の場に設置されたネットワークカメラの映像を不特定多数が閲覧できる状態にあったことが指摘されたことから、国の機関などがネットワークカメラシステムを調達する際の情報セキュリティ対策に関する統一基準が求められていることを受けたもの。

同チェックリストは、「必須要件」と「条件によっては必須とする要件」の2パターンで構成される。実現が難しいセキュリティの要件を推奨するものではなく、調達者にとって解りやすく、かつ市場調達の観点からも現実的な要件のみを記載した。要件の策定にあたって、まずネットワークカメラシステムの実態調査と市場関連製品の調査を行ったという。

今回公開された第1版では、物理的または論理的な閉域網を対象としているが、来年度にはインターネットに直接接続されたネットワークカメラシステムの追加要件の公開も計画している。チェックリストは、設計構築・運用・保守・廃棄フェーズがあり、フェーズごとに調達仕様にそのまま転記して利用できる「仕様書へ記述する要件」と、組織が自ら構築する際に参考となる「組織における対策/運用」を記載。政府機関の調達だけでなく、自治体や民間組織における調達への活用も可能だという。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  2. メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

    メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

  3. Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

    Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

  4. Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

    「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

  6. 不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

    不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

  7. 第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

    第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

  8. Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

    Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

  9. 海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

    海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

  10. Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

    Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る