総務省自治体強靱化でインターネット分離市場大幅増、2020年にはさらに倍増予測(ITR) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

総務省自治体強靱化でインターネット分離市場大幅増、2020年にはさらに倍増予測(ITR)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

インターネット分離市場規模推移および予測
インターネット分離市場規模推移および予測 全 1 枚 拡大写真
株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は12月7日、国内のインターネット分離市場規模推移および予測を発表した。アイソレーション等の名称もあるインターネット分離は、2015年11月に総務省が「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて」の中で、自治体情報システム強靭性向上モデルによる庁内ネットワークの分割および適切な強靭化の実施といったインターネット分離に関するガイドラインを報告したことから、公共・公益分野において導入が急増。国内インターネット分離市場の2016年度の売上金額は33.7億円、前年度比63.6%増と大幅に伸びた。

2017年度は、インターネット分離の認知度の上昇とともに、公共・公益分野での導入実績を一般企業にも広げ、幅広い業種への導入が期待されることから、同市場のCAGR(2016~2021年度)は13.6%の高い伸びを予想している。同社のシニア・アナリストである大杉豊氏は、「今後はセキュリティ対策の一環として重要インフラを提供する企業などで導入が進む。また、多層防御の必要性から、EDR製品やCASBの導入も急速に進む」と予測している。

《吉澤 亨史》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  2. 電力のセキュリティは国防にも関係 - イスラエル電力公社会長タル元少将講演

    電力のセキュリティは国防にも関係 - イスラエル電力公社会長タル元少将講演

  3. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  4. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  5. 脆弱性の76%は攻撃者側に先行利益(テナブル)

    脆弱性の76%は攻撃者側に先行利益(テナブル)

  6. Chrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にXSSの脆弱性(JVN)

    Chrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にXSSの脆弱性(JVN)

  7. 不正アクセスにより退会者を含むホームページの会員情報の一部が流出(東芝産業機器システム)

    不正アクセスにより退会者を含むホームページの会員情報の一部が流出(東芝産業機器システム)

  8. 2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR)

    2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR)

  9. 申込フォームが公開モード、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」参加者個人情報が閲覧可能に(大分フットボールクラブ)

    申込フォームが公開モード、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」参加者個人情報が閲覧可能に(大分フットボールクラブ)

  10. iOSアプリ「ANA」に通信内容の取得や改ざんなどが行なわれる脆弱性(JVN)

    iOSアプリ「ANA」に通信内容の取得や改ざんなどが行なわれる脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る