Microsoft Azure ハイブリッド環境におけるセキュリティ要件傾向 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

Microsoft Azure ハイブリッド環境におけるセキュリティ要件傾向

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

三井物産セキュアディレクション株式会社 プロフェッショナルサービス事業部 山本 寛将 氏
三井物産セキュアディレクション株式会社 プロフェッショナルサービス事業部 山本 寛将 氏 全 1 枚 拡大写真
三井物産セキュアディレクション株式会社が提供する「クラウドセキュリティ監視サービス secured by Alert Logic」が、2016年サービスイン時のアマゾン ウェブ サービス(AWS)対応につづき、マイクロソフトが提供するクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」環境にも2017年11月対応した。

いっそう企業への普及が進むクラウドサービスと、そのセキュリティ対策について、11月28日に渋谷ヒカリエで開催されたイベント「Microsoft Azure 徹底活用フェス」会場で、同社プロフェッショナルサービス事業部 山本 寛将 氏に話を聞いた。

──Microsoft Azure 徹底活用フェスの来場者からはどんな反応がありましたか。

AWS を利用されている企業の場合、Webアプリケーションの話が多いのですが、それに対して Microsoft Azure は、クラウド上の社内システムのセキュリティをどう担保するかという課題をお持ちの方から、いろいろ具体的な質問をいただきました。

──二大クラウドサービスの AWS と Microsoft Azure は使われ方が異なるということですね。

新しいWebサービスを開始する場合、AWS を活用してスモールスタートすることが多いですが、Microsoft Azure はこうした公開サーバだけではなく、たとえば給与計算などの社内システムなどに使われるケースが多く、そこにある内部資産をどう守るか、監視するか、攻撃や内部不正を検知するかといった課題を、お持ちの方が多かった印象です。また、レガシーシステムと Microsoft Azure が共存しているハイブリッド環境であることが多いようです。

──Microsoft Azure のハイブリッド環境にも Alert Logic は対応しているのですか。

11月20日に Alert Logic の Microsoft Azure 対応をプレスリリースしましたが、今回のリリースでは、Azure Stackを含むハイブリッド環境対応を強く意識した内容に致しました。クラウド側とオンプレ側双方にエージェントを入れて、最終的に仮想アプライアンスを経由して Alert Logic のプラットフォームにデータを集約します。

パブリックだけではなく、社内システムも守りたいという要望に、監視サービスを提供することで MBSD は応えていきたいと思います。

──IDS、WAF、ログ管理、脆弱性検査、監視の網羅的な機能をクラウド型で利用できるサービスは多くないですね。

Alert Logic のように一気通貫で、しかも月額課金のサブスクリプション型で提供するサービスは少ないと思います。日本はまだまだクラウドへの移行期ですので、需要に合ったサービスを提供していきたいと思います。

──ありがとうございました。

《高橋 潤哉》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  2. メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

    メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

  3. Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

    Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

  4. Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

    「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

  6. 不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

    不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

  7. 第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

    第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

  8. Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

    Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

  9. 海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

    海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

  10. Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

    Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る