25年にわたりRFC1342の解決を放置(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

25年にわたりRFC1342の解決を放置(The Register)

国際 TheRegister

ペネトレーションテスターのサブリ・ハドゥシュ氏は、Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance(DMARC)などのスパムフィルタやスパム対策を回避するEメール送信元へのなりすまし手法を世界に向けて再び知らしめた。

この手法は未パッチの脆弱性を抱えたメールクライアントを利用している全ての人々をリスクにさらしている。

彼が発見したのは、「Apple Mail」「Thunderbird」「Yahoo! メール」「ProtonMail」および様々な「Windows」のクライアントなど30を超えるメールクライアントが古くから存在するRFCを実装し損ねているということだ。これによって攻撃者は、たとえサーバが本当の送信元を確認したとしても、ソフトウェアをだまして偽装したFromフィールドを表示させることができる。

つまり、サーバでDAMRC、SPF(Sender Policy Framework)、DKIM(Domain Keys Identified Mail)を使用するように設定していた場合、たとえあるメッセージがスパムとして弾かれるべきものであっても、サーバはそれを正当なものとして扱うことになる。

《The Register》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  2. メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

    メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

  3. Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

    Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

  4. Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

    「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

  6. 不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

    不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

  7. 第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

    第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

  8. Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

    Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

  9. 海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

    海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

  10. Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

    Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る