ThinkPad「Lenovo Fingerprint Manager Pro」に権限昇格の脆弱性(レノボ・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

ThinkPad「Lenovo Fingerprint Manager Pro」に権限昇格の脆弱性(レノボ・ジャパン)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

レノボ・ジャパン株式会社は1月25日、「Lenovo Fingerprint Manager Pro for Windows 7/8 / 8.1(10は含まず)の認証セキュリティの脆弱性」を発表した。これは、Lenovo Fingerprint Manager Proに格納された機密情報であるユーザのWindowsログイン情報が、脆弱なアルゴリズムで暗号化される脆弱性(CVE-2017-3762)が確認されたというもの。次の製品が影響を受ける可能性がある。

・ThinkPad L560
・ThinkPad P40 Yoga、P50s
・ThinkPad T440、T440p、T440s、T450、T450s、T460、T540p、T550、T560
・ThinkPad W540、W541、W550s
・ThinkPad X1 Carbon (Type 20A7、20A8)、X1 Carbon (Type 20BS、20BT)
・ThinkPad X240、X240s、X250、X260
・ThinkPad Yoga 14 (20FY)、Yoga 460
・ThinkCentre M73、M73z、M78、M79、M83、M93、M93p、M93z
・ThinkStation E32、P300、P500、P700、P900
なお、Windows 10搭載モデルは影響を受けない

この脆弱性は、ハードコードのパスワードも含まれ、管理者以外のローカルユーザ権限で、システムにアクセスすることが可能となる。同社では対策として、Fingerprint Manager Proをバージョン 8.01.87、またはそれ以降にアップデートするよう呼びかけている。

《吉澤 亨史》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 日本人2億件の個人情報が中国地下市場に出品、大半が過去の漏えい情報(ファイア・アイ)

    日本人2億件の個人情報が中国地下市場に出品、大半が過去の漏えい情報(ファイア・アイ)

  2. 「スピードラーニング」のデータをオークション販売目的でアップロード(ACCS)

    「スピードラーニング」のデータをオークション販売目的でアップロード(ACCS)

  3. メールサーバーが不正アクセス、不特定多数のユーザーへメール送信(ジラフ)

    メールサーバーが不正アクセス、不特定多数のユーザーへメール送信(ジラフ)

  4. パスワードを使わないログインを提供、すでに200万IDが利用(Yahoo! JAPAN)

    パスワードを使わないログインを提供、すでに200万IDが利用(Yahoo! JAPAN)

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第33回 「君は生き延びることができるか!? セキュリティの半分は信頼で出来ている」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第33回 「君は生き延びることができるか!? セキュリティの半分は信頼で出来ている」

  6. MS Wordの「メール一括送信」機能を誤って選択、個人情報誤送信(JNSA)

    MS Wordの「メール一括送信」機能を誤って選択、個人情報誤送信(JNSA)

  7. ルータのDNS設定を改ざんする「Roaming Mantis」攻撃の脅威が拡大(カスペルスキー)

    ルータのDNS設定を改ざんする「Roaming Mantis」攻撃の脅威が拡大(カスペルスキー)

  8. 教育現場でiPadの評判急降下の理由(The Register)

    教育現場でiPadの評判急降下の理由(The Register)

  9. BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

    BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

  10. 5月25日から施行のGDPR、法務部や経営企画の理解に遅れ(トレンドマイクロ)

    5月25日から施行のGDPR、法務部や経営企画の理解に遅れ(トレンドマイクロ)

ランキングをもっと見る