複数チームが連携するインシデントレスポンス実証(慶應義塾大学、日立) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

複数チームが連携するインシデントレスポンス実証(慶應義塾大学、日立)

製品・サービス・業界動向 業界動向

従来のセキュリティオペレーションと、分散型セキュリティオペレーションの比較
従来のセキュリティオペレーションと、分散型セキュリティオペレーションの比較 全 1 枚 拡大写真
慶應義塾大学と株式会社日立製作所(日立)は2月5日、高度化・大規模化するサイバー攻撃に対して、SOCやCSIRTなどの複数のセキュリティ対応チームが連携し、迅速なインシデントレスポンスを行う「分散型セキュリティオペレーション」構想を策定し、実証環境を構築したと発表した。従来、人が行っていた「セキュリティインシデントの検知から専門チームに分析を依頼し、分析データの共有を開始するまでの処理」を自動化し、1秒以内に完了できることを実証したという。

慶應義塾大学と日立は、サイバー攻撃に対するセキュリティ運用管理や個人情報の安全性に関する共同研究を2016年2月より開始している。今回開発したのは、クラウドプロバイダなどの各組織にあるセキュリティ対応チームが自律分散的にインシデントに対処し、必要に応じて連携する「分散型セキュリティオペレーション構想」の中核技術のひとつ「動的認証認可技術」。

同技術では、インシデントレスポンスに求められる機能を標準化して、それぞれのセキュリティ対応チームが持つ機能を互いにリアルタイムで確認できるようにした。これにより、分析依頼や分析データ共有などの処理をどの専門チームへ委託するかを機械的に振り分けること(認可)を可能にする。さらに、関与する組織が新たに判明する度に、認可からデータ送受信組織間の承認(認証)までの一連の処理を自動的に行うことで、迅速なセキュリティ対策を実現する。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 日本人2億件の個人情報が中国地下市場に出品、大半が過去の漏えい情報(ファイア・アイ)

    日本人2億件の個人情報が中国地下市場に出品、大半が過去の漏えい情報(ファイア・アイ)

  2. 「スピードラーニング」のデータをオークション販売目的でアップロード(ACCS)

    「スピードラーニング」のデータをオークション販売目的でアップロード(ACCS)

  3. メールサーバーが不正アクセス、不特定多数のユーザーへメール送信(ジラフ)

    メールサーバーが不正アクセス、不特定多数のユーザーへメール送信(ジラフ)

  4. パスワードを使わないログインを提供、すでに200万IDが利用(Yahoo! JAPAN)

    パスワードを使わないログインを提供、すでに200万IDが利用(Yahoo! JAPAN)

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第33回 「君は生き延びることができるか!? セキュリティの半分は信頼で出来ている」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第33回 「君は生き延びることができるか!? セキュリティの半分は信頼で出来ている」

  6. MS Wordの「メール一括送信」機能を誤って選択、個人情報誤送信(JNSA)

    MS Wordの「メール一括送信」機能を誤って選択、個人情報誤送信(JNSA)

  7. ルータのDNS設定を改ざんする「Roaming Mantis」攻撃の脅威が拡大(カスペルスキー)

    ルータのDNS設定を改ざんする「Roaming Mantis」攻撃の脅威が拡大(カスペルスキー)

  8. 教育現場でiPadの評判急降下の理由(The Register)

    教育現場でiPadの評判急降下の理由(The Register)

  9. BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

    BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

  10. 5月25日から施行のGDPR、法務部や経営企画の理解に遅れ(トレンドマイクロ)

    5月25日から施行のGDPR、法務部や経営企画の理解に遅れ(トレンドマイクロ)

ランキングをもっと見る