ログの一元管理ソフトを実装する不正接続検知サーバの新製品(アークン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.16(土)

ログの一元管理ソフトを実装する不正接続検知サーバの新製品(アークン)

アークンは、不正接続検知サーバ「AAM-2000」を3月より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
AAM-2000(イメージ画像)
AAM-2000(イメージ画像) 全 1 枚 拡大写真
株式会社アークンは2月6日、不正接続検知サーバ「AAM-2000」(エーエーエムニセン)を3月より提供開始すると発表した。同製品は、UTMなどでは対応できない持込PCやWi-Fiを踏み台にした悪意のある第三者からの不正な接続を検知・防御する監視アプライアンス。価格は15クライアント、5年で998,000円から(税別)。

システムに登録、設定することで、自社ネットワークにおける未設定あるいは新規接続の通信機器によるインターネットアクセスをブロックし、管理者にメールで通知する。また、社内のクライアントPCの操作ログを記録し、一元管理できる「PasoLog」を標準で実装するほか、アークン独自のマルウェアデータベースを統合し、同社独自の技術「未知のランサムウェア検知機能」を搭載するウイルス対策ソフトウェア「EX AntiMalware」をバンドルしたモデルをラインアップする。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

    マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

  2. 禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

    禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

  3. Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

    Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

  4. 量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

    量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

  5. 複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

    複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

  6. チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

    チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

  7. CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

    CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

  8. 月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

    月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

  9. アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  10. Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

    Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

ランキングをもっと見る