ログの一元管理ソフトを実装する不正接続検知サーバの新製品(アークン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

ログの一元管理ソフトを実装する不正接続検知サーバの新製品(アークン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

AAM-2000(イメージ画像)
AAM-2000(イメージ画像) 全 1 枚 拡大写真
株式会社アークンは2月6日、不正接続検知サーバ「AAM-2000」(エーエーエムニセン)を3月より提供開始すると発表した。同製品は、UTMなどでは対応できない持込PCやWi-Fiを踏み台にした悪意のある第三者からの不正な接続を検知・防御する監視アプライアンス。価格は15クライアント、5年で998,000円から(税別)。

システムに登録、設定することで、自社ネットワークにおける未設定あるいは新規接続の通信機器によるインターネットアクセスをブロックし、管理者にメールで通知する。また、社内のクライアントPCの操作ログを記録し、一元管理できる「PasoLog」を標準で実装するほか、アークン独自のマルウェアデータベースを統合し、同社独自の技術「未知のランサムウェア検知機能」を搭載するウイルス対策ソフトウェア「EX AntiMalware」をバンドルしたモデルをラインアップする。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 情報漏えいをする人は会社にとって大切な人材~働き方改革成功の鍵を握るセキュリティのポイント(ワンビ)[Security Days Spring 2018]

    情報漏えいをする人は会社にとって大切な人材~働き方改革成功の鍵を握るセキュリティのポイント(ワンビ)[Security Days Spring 2018]PR

  2. プレスと自分の無力さを実感したフィンランドの2日間--F-Secureイベント

    プレスと自分の無力さを実感したフィンランドの2日間--F-Secureイベント

  3. 米ATMハッキング被害「ジャックポッティング」手法と対策(The Register)

    米ATMハッキング被害「ジャックポッティング」手法と対策(The Register)

  4. 不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

    不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

  5. 次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

    次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

  6. JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

    JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

  7. ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

    ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

  8. [セキュリティ ホットトピック] 「Meltdown」と「Spectre」問題点と最新動向おさらい

    [セキュリティ ホットトピック] 「Meltdown」と「Spectre」問題点と最新動向おさらい

  9. 「Quagga bgpd」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Quagga bgpd」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  10. 「静岡でiCloudへのサインインがあった」、偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

    「静岡でiCloudへのサインインがあった」、偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る