内製・開発型・アフィリエイト・レンタル~ビジネスモデル四類型分析から予測するランサムウェアの未来 | ScanNetSecurity
2020.07.07(火)

内製・開発型・アフィリエイト・レンタル~ビジネスモデル四類型分析から予測するランサムウェアの未来

アクセンチュアの調査によれば2016年、日本のランサムウェアの被害総額は1050万ドルにも達する。いまだに猛威を振るう存在だ。そのランサムウェアについて、アンダーグラウンドマーケットやコミュニティを調査し、最新の動向を分析する専門家がいる。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
「ランサムウェアの人間と技術の脆弱性を匠に利用した手口や技術が興味深い」Annabel Jamieson氏
「ランサムウェアの人間と技術の脆弱性を匠に利用した手口や技術が興味深い」Annabel Jamieson氏 全 9 枚 拡大写真
アクセンチュアの調査によれば2016年、日本のランサムウェアの被害総額は1,050万ドルにも達するいまだに猛威を振るう存在だ。

そのランサムウェアについて、アンダーグラウンドマーケットやコミュニティを調査し、最新の動向を分析する専門家がいる。

CODEBLUEのサイバー犯罪トラックでランサムウェアのビジネスモデルについて講演を行ったAnnabel Jamieson氏もそのひとりだ。ランサムウェアの現状、ビジネスモデル、最新のコミュニティの動向、進化と未来を語った。

《中尾 真二》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

  2. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  3. 金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

    金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

  4. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  5. 「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

    「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  8. GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

    GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

  9. 新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

    新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

  10. 95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

    95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

ランキングをもっと見る