新製品「Smart-1」アプライアンス3機種発表(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

新製品「Smart-1」アプライアンス3機種発表(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、セキュリティ管理アプライアンス「Smart-1」の新製品3機種を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は2月9日、セキュリティ管理アプライアンス「Smart-1」の新製品3機種を発表した。モバイル、クラウド、およびオンプレミスのネットワークで大規模かつ高速に展開され、従来の静的検出技術ベースの防御機能を難なく回避する第5世代のサイバー攻撃に対応するとしている。

今回発表された新機種は、「Smart-1 525」(シングルドメインで4,730,000円)、「Smart-1 5050」(同4,750,000円)、「Smart-1 5150」(同12,150,000円)の3機種。同製品により、IT部門で単一のコンソールから包括的にセキュリティを管理し、数千台のネットワーク・デバイスから集めた大量の新規データや過去データを相関分析、保存、解析することができる。セキュリティ管理のプロセスの効率化と高速化により、横行する第5世代のサイバー攻撃に対する組織のセキュリティも強化できるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Nginxの脆弱性を悪用する攻撃準備中か、ダークウェブの観察で判明(Antuit)

    Nginxの脆弱性を悪用する攻撃準備中か、ダークウェブの観察で判明(Antuit)

  2. 多数の職員が事件被害者のカルテを不適切に閲覧(島根大学医学部附属病院)

    多数の職員が事件被害者のカルテを不適切に閲覧(島根大学医学部附属病院)

  3. Android版「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんが行われる脆弱性(JVN)

    Android版「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんが行われる脆弱性(JVN)

  4. セキュリティ技術者が取締役会で報告を求められたら ~ ガートナーが教えるプレゼン術4つのポイント

    セキュリティ技術者が取締役会で報告を求められたら ~ ガートナーが教えるプレゼン術4つのポイント

  5. セキュリティ競技 Hardening Project、スポンサー参加の新しい形

    セキュリティ競技 Hardening Project、スポンサー参加の新しい形

  6. DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

    DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

  7. CISO派遣サービス開始、エース級の個人セキュリティ人材をマッチング(GSX)

    CISO派遣サービス開始、エース級の個人セキュリティ人材をマッチング(GSX)

  8. 遂に開催「ペネトレーションテスト最高会議」見えて来る あんな事やこんな事 [Internet Week 2018]

    遂に開催「ペネトレーションテスト最高会議」見えて来る あんな事やこんな事 [Internet Week 2018]

  9. スキャンツール利用ボットの攻撃が拡大、Struts2も依然標的に(サイバーセキュリティクラウド)

    スキャンツール利用ボットの攻撃が拡大、Struts2も依然標的に(サイバーセキュリティクラウド)

  10. AWSのセキュリティ評価サービス提供(PwCあらた、PwCコンサルティング)

    AWSのセキュリティ評価サービス提供(PwCあらた、PwCコンサルティング)

ランキングをもっと見る