「SKYSEA Client View」のアラート情報をsyslog出力、他社製品で分析可能に(Sky) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

「SKYSEA Client View」のアラート情報をsyslog出力、他社製品で分析可能に(Sky)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

「SKYSEA Client View Ver.13」
「SKYSEA Client View Ver.13」 全 1 枚 拡大写真
Sky株式会社は3月12日、企業・団体向けクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.13」(スカイシー クライアント ビュー バージョン13)を開発、同日より販売を開始したと発表した。同製品は、「使いやすさ」をコンセプトに、ログ管理・セキュリティ管理・デバイス管理といった情報漏えい対策やIT運用管理を支援する機能を搭載しており、各メーカーのセキュリティ製品との連携ソリューションも提供している。

新バージョンでは、情報漏えいリスクを伴うPC操作を検知した際に、そのアラート情報をsyslogとして出力できるようになった。これを他社製品に自動送信することで、その製品での情報セキュリティ対策や分析などに活用できる。また、ソフトウェアの自動配布機能を強化した。ウイルス対策ソフトウェアなどインストール必須のソフトウェアが導入されていないPCの洗い出しから、配布・実行までの流れを自動化することで、メンテナンス作業を簡略化する。Windows 10のアップデート設定を資産情報として収集し、意図しない自動アップデートによるトラブル回避などに活用できる機能も追加した。

《吉澤 亨史》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  3. BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

    BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

  4. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  5. いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

    いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

  6. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  7. 3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

    3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

  8. 法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

    法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

  9. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  10. 患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

    患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

ランキングをもっと見る