中国が脆弱性情報共有データベース改ざん、諜報機関との関係隠蔽(The Register) | ScanNetSecurity
2024.06.26(水)

中国が脆弱性情報共有データベース改ざん、諜報機関との関係隠蔽(The Register)

中国は、情報セキュリティの脆弱性を報告するプロセスに諜報機関が関わっていることを隠蔽するため、脆弱性情報共有データベースを改ざんした。

国際 TheRegister
中国は、情報セキュリティの脆弱性を報告するプロセスに諜報機関が関わっていることを隠蔽するため、脆弱性情報共有データベースを改ざんした。

このショッキングな調査結果は、脅威情報を提供する企業Recorded Future が、中国の脆弱性情報データベース(CNNVD)で情報が公表されるまでにかかる時間を何か月も調査して報告したものだ。

Recorded Futureは調査中、中国には、CNNVDで危険性の高い脆弱性を公開する前に、諜報活動への利用可能性を評価する仕組みがあることを発見したと述べている。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《The Register》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  2. ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

    ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

  3. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  4. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  5. 大田区の委託先にランサムウェア攻撃、がん検診受診券の画像データが流出した可能性

    大田区の委託先にランサムウェア攻撃、がん検診受診券の画像データが流出した可能性

ランキングをもっと見る
PageTop