BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

JPRSは、2件のBIND 9.12.xの脆弱性について注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は5月21日、2件のBIND 9.12.xの脆弱性について注意喚起を発表した。脆弱性は、「サービス性能の劣化及びDNSサービスの停止」(CVE-2018-5737)、および「DNSサービスの停止」(CVE-2018-5736)。いずれも開発元であるISCから発表されたもので、ISCでは本脆弱性の深刻度(Severity)を「中(Medium)」と評価している。

CVE-2018-5737の脆弱性は、serve-staleの実装の不具合などが原因で、namedのサービス性能の劣化やサービスの停止といった、運用上の問題を外部から誘発される可能性がある。CVE-2018-5736の脆弱性は、ゾーンデータベースの参照回数を数える処理の不具合が原因で、namedが異常終了する障害が発生する可能性がある。

影響を受けるバージョンは、いずれも「9.12系列:9.12.0~9.12.1」。JPRSでは、同脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.12.1-P2)への更新、あるいは各ディストリビューションベンダからリリースされる更新を速やかに適用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

    “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

  2. 仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

    仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

  3. サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進む

    サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進むPR

  4. サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

    サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

  5. 新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

    新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

  6. ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

    ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

  7. 夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制

    夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制PR

  8. MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

    MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

  9. 受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

    受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

  10. リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

    リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

ランキングをもっと見る