県職員4千人の健康診断結果記録したUSBメモリ、車上荒らしで盗難(三重県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.25(火)

県職員4千人の健康診断結果記録したUSBメモリ、車上荒らしで盗難(三重県)

三重県は7月13日、県職員の健康診断結果データが記録されたUSBメモリが盗難にあったと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
三重県は7月13日、県職員の健康診断結果データが記録されたUSBメモリが盗難にあったと発表した。

これは7月11日18時15分頃に、同県総務部福利厚生課職員の自家用車が車上荒らしにあい県職員の健康診断結果データが記録されたUSBメモリの入った鞄ごと盗難されたというもの。

当該職員は4月初旬、会議資料作成のために福利厚生課のサーバに一元管理していた県職員の健康診断結果データ一式をUSBメモリにコピーし、所属長の許可なく自宅に持ち帰り、事件当日に至るまで当該 USBメモリを鞄に入れたままにしていたという。

紛失したUSBメモリには昨年度に実施した県職員(知事部局等職員4,551人)の健康診断結果データ(職員番号、氏名、性別、年齢、所属、健診結果)一式が記録されていた。

なお警察には盗難届を提出済みだが現在のところ発見には至っていない。

同県では今後、個人情報の外部持ち出しに当たって所属長の許可を徹底するとともに、職員が所属長の許可なく福利厚生課のサーバから個人情報をダウンロードすることを禁止するとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

    モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

  2. ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

    ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

  3. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  4. 脆弱性のあるリモートデスクトップサービスを探索するアクセスが増加(警察庁)

    脆弱性のあるリモートデスクトップサービスを探索するアクセスが増加(警察庁)

  5. 「Apache Tomcat」に、DoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Apache Tomcat」に、DoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  6. LinuxおよびFreeBSDカーネルに、DoS攻撃を受ける複数の脆弱性(JVN)

    LinuxおよびFreeBSDカーネルに、DoS攻撃を受ける複数の脆弱性(JVN)

  7. 「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

    「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

  8. アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

    アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

  9. LAN内の“無管理のIoT機器”をリスト化、個人は無償で利用可能(アズビル セキュリティフライデー)

    LAN内の“無管理のIoT機器”をリスト化、個人は無償で利用可能(アズビル セキュリティフライデー)

  10. 世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

    世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

ランキングをもっと見る