3ヶ月以上にわたり不正アクセス、職員のアカウントで内部システムへ侵入しサーバを踏み台化(産総研) | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

3ヶ月以上にわたり不正アクセス、職員のアカウントで内部システムへ侵入しサーバを踏み台化(産総研)

国立研究開発法人 産業技術総合研究所は7月20日、2018年2月6日に判明した同研究所の情報システムへの不正アクセスについて、被害状況や原因等について整理し対策を取りまとめた報告書を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 6 枚 拡大写真
国立研究開発法人 産業技術総合研究所は7月20日、2018年2月6日に判明した同研究所の情報システムへの不正アクセスについて、被害状況や原因等について整理し対策を取りまとめた報告書を発表した。

これは2017年10月27日から2018年2月10日の間、同研究所の情報システムが外部から継続的に不正アクセスを受け、外部のクラウドサービスを利用するメールシステムと独自に構築した内部システムの双方に侵入され、(1)職員のログインIDの窃取、(2)パスワード試行攻撃によるパスワード探知、(3)職員のログインID・パスワードを用いた内部システムへの不正侵入、(4)内部システムのサーバの「踏み台」化、(5)メールシステム及び内部システムの複数のサーバに保管したファイルの窃取又は閲覧、が行われたというもの。

不正アクセスにより閲覧、流出した可能性のある情報は下記の通り。

(1)未公表の研究情報:120件
(2)共同研究契約等に関する情報:約200件
(3)個人情報を含む文書:約4,700件
(4)全職員の氏名・所属
(5)143アカウント分の電子メール及び添付文書

ただし流出した情報の中に、秘密保全の必要性が高く、その漏えいが国の安全又は利益に損害を与えるおそれがあるもの、同研究所の業務及び利益に重大な損害を与えるおそれがあるもの等は含まれていないとのこと。

なお侵入者の不正アクセスの接続元は多くが海外のIPアドレスで、活動時間帯が月曜から金曜の16時半頃から深夜2時頃となっているため、同一者または同一グループによるものと推定している。

同研究所では対策として、メールシステム及び内部システムのログインへの多要素認証の導入や研究用ネットワークと業務用ネットワークを分離した上で内部通信の監視を強化に取り組むとのこと。また、あわせて、関係職員の処分を行い、副理事長及び担当理事は10% 1か月分の給与を自主返納する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  2. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  3. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  6. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  7. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  8. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  9. ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT)

    ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT)

  10. セブン銀行をかたるフィッシングに対する注意喚起(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行をかたるフィッシングに対する注意喚起(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る