Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.20(土)

Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Intel製CPUの投機的実行機能に、サイドチャネル攻撃によりL1データキャッシュ情報が漏えいする脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月17日、Intel製CPUの投機的実行機能に、サイドチャネル攻撃によりL1データキャッシュ情報が漏えいする脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

Intel製CPUでは、プログラムがメモリ上のデータへのアクセスを試みる際、物理アドレスへの変換が作られていない論理アドレスにアクセスすると、"Terminal Fault"が発生する。この処理が行われている間に、投機的実行により L1 データキャッシュからデータがロードされる可能性がある。

この脆弱性は、「L1 Terminal Fault(L1TF)SGX(Foreshadow、Foreshadow-SGX)」(CVE-2018-3615)、「L1 Terminal Fault(L1TF)OS/SMM(Foreshadow-OS)」(CVE-2018-3620)、「L1 Terminal Fault(L1TF)VMM(Foreshadow-VMM)」(CVE-2018-3646)の3つが確認されている。

これらの脆弱性により、OS、アプリケーション、SMMが使用するメモリ(CVE-2018-3620)や、SGXで保護されたenclave内のメモリ(CVE-2018-3615)、同一ホスト上の仮想マシンで使用しているメモリ(CVE-2018-3646)の内容を推測される可能性がある。JVNでは、Intelが提供するマイクロコードやBIOSのアップデート、OSベンダや仮想システムベンダが提供するアップデートの情報を参照するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

    BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

  2. 仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  3. イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

    イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

  4. より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

    より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

  5. 「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

    「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  6. 複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  7. クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

    クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

  8. 経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

    経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

  9. 大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

    大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

  10. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

ランキングをもっと見る