Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.22(日)

Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Intel製CPUの投機的実行機能に、サイドチャネル攻撃によりL1データキャッシュ情報が漏えいする脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月17日、Intel製CPUの投機的実行機能に、サイドチャネル攻撃によりL1データキャッシュ情報が漏えいする脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

Intel製CPUでは、プログラムがメモリ上のデータへのアクセスを試みる際、物理アドレスへの変換が作られていない論理アドレスにアクセスすると、"Terminal Fault"が発生する。この処理が行われている間に、投機的実行により L1 データキャッシュからデータがロードされる可能性がある。

この脆弱性は、「L1 Terminal Fault(L1TF)SGX(Foreshadow、Foreshadow-SGX)」(CVE-2018-3615)、「L1 Terminal Fault(L1TF)OS/SMM(Foreshadow-OS)」(CVE-2018-3620)、「L1 Terminal Fault(L1TF)VMM(Foreshadow-VMM)」(CVE-2018-3646)の3つが確認されている。

これらの脆弱性により、OS、アプリケーション、SMMが使用するメモリ(CVE-2018-3620)や、SGXで保護されたenclave内のメモリ(CVE-2018-3615)、同一ホスト上の仮想マシンで使用しているメモリ(CVE-2018-3646)の内容を推測される可能性がある。JVNでは、Intelが提供するマイクロコードやBIOSのアップデート、OSベンダや仮想システムベンダが提供するアップデートの情報を参照するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )とは何者か?

    CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )とは何者か?

  9. 「ベビータウン」「プレママタウン」にパスワードリスト型攻撃、ポイント交換も判明(ユニ・チャーム)

    「ベビータウン」「プレママタウン」にパスワードリスト型攻撃、ポイント交換も判明(ユニ・チャーム)

  10. 2 年間鳴かず飛ばずだった某クラウド脆弱性診断サービスが売上 10 倍になった理由  ~ 診断内製化の成功ポイント

    2 年間鳴かず飛ばずだった某クラウド脆弱性診断サービスが売上 10 倍になった理由 ~ 診断内製化の成功ポイントPR

ランキングをもっと見る