Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2019.11.17(日)

Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Intel製CPUの投機的実行機能に、サイドチャネル攻撃によりL1データキャッシュ情報が漏えいする脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月17日、Intel製CPUの投機的実行機能に、サイドチャネル攻撃によりL1データキャッシュ情報が漏えいする脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

Intel製CPUでは、プログラムがメモリ上のデータへのアクセスを試みる際、物理アドレスへの変換が作られていない論理アドレスにアクセスすると、"Terminal Fault"が発生する。この処理が行われている間に、投機的実行により L1 データキャッシュからデータがロードされる可能性がある。

この脆弱性は、「L1 Terminal Fault(L1TF)SGX(Foreshadow、Foreshadow-SGX)」(CVE-2018-3615)、「L1 Terminal Fault(L1TF)OS/SMM(Foreshadow-OS)」(CVE-2018-3620)、「L1 Terminal Fault(L1TF)VMM(Foreshadow-VMM)」(CVE-2018-3646)の3つが確認されている。

これらの脆弱性により、OS、アプリケーション、SMMが使用するメモリ(CVE-2018-3620)や、SGXで保護されたenclave内のメモリ(CVE-2018-3615)、同一ホスト上の仮想マシンで使用しているメモリ(CVE-2018-3646)の内容を推測される可能性がある。JVNでは、Intelが提供するマイクロコードやBIOSのアップデート、OSベンダや仮想システムベンダが提供するアップデートの情報を参照するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

    Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

  2. 「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

    「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

  3. クラウドセキュリティで日本の遅れが顕著に(KPMGコンサルティング、日本オラクル)

    クラウドセキュリティで日本の遅れが顕著に(KPMGコンサルティング、日本オラクル)

  4. 工場を要塞化するOTセキュリティ製品群を発表(トレンドマイクロ)

    工場を要塞化するOTセキュリティ製品群を発表(トレンドマイクロ)

  5. 三菱電機製シーケンサのFTPサーバ機能に脆弱性(JVN)

    三菱電機製シーケンサのFTPサーバ機能に脆弱性(JVN)

  6. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  7. 複製「Windows7」などをプロダクトキーとセットで販売、逮捕(ACCS)

    複製「Windows7」などをプロダクトキーとセットで販売、逮捕(ACCS)

  8. PQCの脅威は意識しつつも、具体策の意識に欠ける日本(デジサート)

    PQCの脅威は意識しつつも、具体策の意識に欠ける日本(デジサート)

  9. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  10. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る