Pマーク付与企業が起こした個人情報取扱事故、原因内訳(JIPDEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.16(水)

Pマーク付与企業が起こした個人情報取扱事故、原因内訳(JIPDEC)

JIPDECは、「(平成29年度)『個人情報の取扱いにおける事故報告にみる傾向と注意点』について」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
事故報告件数と報告事業者数の推移(指数)
事故報告件数と報告事業者数の推移(指数) 全 3 枚 拡大写真
一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は8月27日、「(平成29年度)『個人情報の取扱いにおける事故報告にみる傾向と注意点』について」を発表した。これは、平成29年度中に同協会および審査機関に報告があった、プライバシーマーク(Pマーク)付与事業者の個人情報の取扱いにおける事故についての概要をまとめたもの。

これによると、平成29年度は、911の付与事業者(前年度は843事業者)より2,399件の事故報告(前年度は2,044件)があり、報告事業者数、事故報告件数ともに前年度から増加した。また、平成29年度末時点の付与事業者数に占める事故報告事業者の割合は5.8%であり、前年度の5.5%から増加している。

報告された事故の発生原因では、「メール誤送信」が26.5%でもっとも多く、「紛失」(19.1%)、「その他漏えい等」(15.1%)と続いた。前年度との比較では、「メール誤送信」が+5.8ポイントでもっとも増えており、「その他漏えい等」(+1.2ポイント)が続いた。一方で「宛名間違い等」は6.2ポイント減少している。同協会ではメール誤送信事故の増加を受け、防止策の例として「メール送信前確認の徹底」「メーラーの設定変更」「添付ファイルの暗号化」を挙げている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

    アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

  2. セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

    セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

  3. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

  5. 2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

    2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

  6. スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

    スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

  7. フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

    フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

  8. 国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

    国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

  9. 国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

    国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

  10. オムロンの「CX-One」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    オムロンの「CX-One」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る