Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register) | ScanNetSecurity
2020.07.07(火)

Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register)

IoT 機器に感染し、それらをボットネット部隊に強制入隊させる Mirai マルウェアを操っていた主犯者 3 人が禁錮刑を免れた。

国際 TheRegister
 IoT 機器に感染し、それらをボットネット部隊に強制入隊させる Mirai マルウェアを操っていた主犯者 3 人が禁錮刑を免れた。

 パラス・ジャ(22)、ジョサイア・ホワイト(21)、ダルトン・ノーマン(22)は12月、Mirai マルウェアと Clickfraud ボットネットの開発および企図によるコンピュータ犯罪取締法違反の罪状を認めた

 アラスカ州のティモシー・バージェス主席地区判事は今週、彼らに 5 年間の執行猶予と 2,500 時間の社会奉仕活動、そして被害者への 12万7,000 ドルの損害賠償を言い渡した。

 米国のコンピューター犯罪でこのような軽い量刑は珍しいが、この判決には 1 つの明白な理由がある。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《The Register》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

  2. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  3. 金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

    金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

  4. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  5. 「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

    「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  8. GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

    GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

  9. 新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

    新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

  10. 95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

    95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

ランキングをもっと見る