1秒で291件、1日で2,500万件情報漏えい ~ 過去5年平均(ジェムアルト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

1秒で291件、1日で2,500万件情報漏えい ~ 過去5年平均(ジェムアルト)

ジェムアルトは、グローバルなデータ漏えい事例データベースである「Breach Level Index」(BLI:情報漏えい危険度指数)の2018年上半期集計結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
2018 年上半期の漏えい源別 データ侵害事例数
2018 年上半期の漏えい源別 データ侵害事例数 全 3 枚 拡大写真
ジェムアルトは10月9日、グローバルなデータ漏えい事例データベースである「Breach Level Index」(BLI:情報漏えい危険度指数)の2018年上半期集計結果を発表した。これによると、2018年上半期は世界で945件のデータ漏えい事件が発生し、盗難・漏えいしたデータ件数は約45億件となった。データ漏えい事件の件数は前年同期比で減少しているが、データ件数は133%と大幅に増加した。

これにより、調査を始めた2013年以来、150億件以上のデータが漏えいしたことになり、これは平均して毎日2,500万件以上、毎秒291件のデータが漏えいしていることになる。データの漏えい源は、データ漏えい事件数では「悪意ある部外者」が56%でもっとも多く、「不慮の事故」(34%)、「悪意のある内部者」(7%)、「ハクティビスト」(2%)と続いた。

漏えいしたデータの種別では「個人情報」が65%を占め、以下「ID・パスワード」(17%)、「金融情報」(13%)、「比較的低価値な情報」(4%)、「重大な機密情報」(1%)となっている。いずれも増加している。業種別では、データ漏えい事件数では「ソーシャルメディア」(56%)、「官公庁」(27%)、「小売」(4%)、「テクノロジー」(4%)、「製造」(1%)などとなっている。ソーシャルメディアでは、Facebookを含む6件の漏えいで漏えいデータ数の56%を占めた。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 他の職員のOTPトークンを窃取し不正アクセス、盗撮の余罪も判明し懲戒免職に(奈良県)

    他の職員のOTPトークンを窃取し不正アクセス、盗撮の余罪も判明し懲戒免職に(奈良県)

  2. CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

    CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

  3. 働き方改革やIoTの進展で、企業も個人も標的に--2019年の脅威予測(トレンドマイクロ)

    働き方改革やIoTの進展で、企業も個人も標的に--2019年の脅威予測(トレンドマイクロ)

  4. セキュリティカンファレンス論文公募の受かり方

    セキュリティカンファレンス論文公募の受かり方

  5. きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回   NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

    きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回 NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

  6. 50歳以上向けセキュリティ教材を作成(カスペルスキー)

    50歳以上向けセキュリティ教材を作成(カスペルスキー)

  7. DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

    DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

  8. 全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

    全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

  9. アンケート回答で1万円、Amazon騙るフィッシングメール(フィッシング対策協議会)

    アンケート回答で1万円、Amazon騙るフィッシングメール(フィッシング対策協議会)

  10. EDR機能のAPIを提供、さまざまな活用を可能に(サイランス)

    EDR機能のAPIを提供、さまざまな活用を可能に(サイランス)

ランキングをもっと見る