新ブランド「Nissho Cross Platform」開始、第1弾はMSS(日商エレ) | ScanNetSecurity
2020.05.26(火)

新ブランド「Nissho Cross Platform」開始、第1弾はMSS(日商エレ)

日商エレは、ICTインフラ向け運用・監視およびそれらを補完する各種サービスの統一ブランドとして「Nissho Cross Platform」を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NCPF-CSサービスの概要
NCPF-CSサービスの概要 全 1 枚 拡大写真
日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は10月16日、ICTインフラ向け運用・監視およびそれらを補完する各種サービスの統一ブランドとして「Nissho Cross Platform(NCPF)」を同日より開始したと発表した。同時に、その第1弾となる新セキュリティサービスラインナップ「Nissho Cross Platform - Cyber Security」(NCPF-CS)をリリースした。

NCPF-CSは、顧客を直接的に支援する「Managed Security Service(MSS)」を核に、「脆弱性診断サービス」「潜伏脅威診断サービス」「クラウドセキュリティ診断サービス」の各種診断サービスで現状把握をサポートするもの。MSSは大幅に刷新し、幅広いラインアップのセキュリティデバイス監視代行や相関分析、ユーザ定義シグネチャの提供開始や稼働監視サービスの標準バンドル化などのサービス高度化を図る。

同社ではMSSの特徴として、入口・出口対策のデバイスに対するMSSだけでなく、内部潜伏脅威対策として有効なVectra Networks社製品のMSSにも対応し、高度化された相関分析サービスを実現していることを挙げている。これにより、顧客のサイバーレジリエンスの向上を強力に支援するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト、WordファイルでDL可(JNSA)

    緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト、WordファイルでDL可(JNSA)

  2. 英LCCにサイバー攻撃、900万人の顧客情報流出(easyJet)

    英LCCにサイバー攻撃、900万人の顧客情報流出(easyJet)

  3. セキュリティコード含むクレジットカード情報流出、EC-CUBE の脆弱性突かれ(マグファイン)

    セキュリティコード含むクレジットカード情報流出、EC-CUBE の脆弱性突かれ(マグファイン)

  4. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  5. 標準化フレームワークが「NIST SP800-171」に対応(NRIセキュア)

    標準化フレームワークが「NIST SP800-171」に対応(NRIセキュア)

  6. Webex, Zoom, Teams, Meet、シングルサインオンサービスが4大Web会議サービス対応(GMOグローバルサイン)

    Webex, Zoom, Teams, Meet、シングルサインオンサービスが4大Web会議サービス対応(GMOグローバルサイン)

  7. キャッシュDNSサーバ「BIND 9.x」に複数の脆弱性(JPRS、JVN)

    キャッシュDNSサーバ「BIND 9.x」に複数の脆弱性(JPRS、JVN)

  8. 診断会社がオフィスをソーシャルディスタンス配慮へ、アフターコロナ見据え(クラフ)

    診断会社がオフィスをソーシャルディスタンス配慮へ、アフターコロナ見据え(クラフ)

  9. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

    CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  10. Bluetoothの仕様に不正な操作やデータ侵害など複数の脆弱性(JVN)

    Bluetoothの仕様に不正な操作やデータ侵害など複数の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る