電子投票マシンの脆弱性、中間選挙で使用された実機検証で発見された不審な痕跡とは | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.25(月)

電子投票マシンの脆弱性、中間選挙で使用された実機検証で発見された不審な痕跡とは

近年、選挙でも問題になるのがサイバー攻撃だ。投票結果の改ざん、議員スキャンダルを狙ったもの、関連した諜報活動や選挙妨害。これらはいまやサイバー攻撃でも行われる。米大統領の中間選挙が迫るなか、あらためて投票とサイバー攻撃について考えたい。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
バージニア州で使われていた電子投票機の実機
バージニア州で使われていた電子投票機の実機 全 7 枚 拡大写真
 近年、選挙でも問題になるのがサイバー攻撃だ。投票結果の改ざん、議員スキャンダルを狙ったもの、関連した諜報活動や選挙妨害。これらはいまやサイバー攻撃でも行われる。米大統領の中間選挙が迫るなか、あらためて投票とサイバー攻撃について考えたい。

 米国では、下院議員(全員)と上院議員の 3 分 1 の改選が 2 年ごとに行われる(州知事選も同じ時期)。これが大統領の任期4年の中間にあたり、実質的な国民の政策評価であり大統領の信任にもなり、さらに 2 年後の大統領選までの大きなマイルストーンと位置付けられている。いわゆる中間選挙と呼ばれるものだ。

●前回の大統領選で疑われた電子投票端末

 トランプ大統領が選ばれた中間選挙( 2012 年)でも、電子投票端末( DRE )による投票で不正があったのでは、という疑惑もあった。使われていた端末が、Service Pack さえ適用されていない Windows XP で、Wi-Fi が WEP で有効になっていたり、端末のパスワードが「abcde」だったりと散々な仕様だったことから、投票結果の改ざんが懸念されたのだ。

 この DRE は、2003 年から 2015、6 年ごろまで全米で 4,000 台ほど使われていたが、脆弱性の指摘などもあり 2015 年に公式に廃止機種となった。コペンハーゲン IT 大学の Carsten Schuermann 准教授は、問題の DRE を何台か入手、独自に調査・解析を行い、今夏開催された Black Hat USA 2018 において、解析結果報告と、DREによる投票の注意点を解説する講演を行った。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

    不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

  2. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

    予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

  3. 不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

    不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

  4. お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

    お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

  5. 「PowerDNS Authoritative Server」にDoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JPRS)

    「PowerDNS Authoritative Server」にDoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JPRS)

  6. 5G対応次世代ファイアウォール(パロアルトネットワークス)

    5G対応次世代ファイアウォール(パロアルトネットワークス)

  7. 「ドコモ・クラウド基盤」向けにIoTセキュリティソリューションを提供(ドコモ、トレンドマイクロ)

    「ドコモ・クラウド基盤」向けにIoTセキュリティソリューションを提供(ドコモ、トレンドマイクロ)

  8. CIS Controlsをベースにセキュリティ対策の効果測定を行うサービス(NRIセキュア)

    CIS Controlsをベースにセキュリティ対策の効果測定を行うサービス(NRIセキュア)

  9. 疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  10. 中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

    中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

ランキングをもっと見る