サイバー犯罪者の手法は仮想通貨詐欺が中心に--月例レポート(Doctor Web) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.23(土)

サイバー犯罪者の手法は仮想通貨詐欺が中心に--月例レポート(Doctor Web)

Doctor Webは、2018年10月のウイルスレビューを発表した。10月のサイバー犯罪者による被害者数は1万人を超え、被害総額は2万4千ドルとなっている。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Doctor Web Pacific(Doctor Web)は11月6日、2018年10月のウイルスレビューを発表した。10月のサイバー犯罪者による被害者数は1万人を超え、被害総額は2万4千ドルとなっている。また同月を通して、個人情報を漏えいさせると脅し、金銭を要求するメールが配信された。

犯罪者はメールアドレスとパスワードを含む登録データを複数のデータベースから入手し、それらのアドレス宛てに「パスワードを知っている。お前のコンピューターにマルウェアをインストールした」といった内容のメールを送信し、個人情報を公開されたくなければビットコインで500~850ドル支払うよう要求する。複数のユーザが被害に遭っているが、同社では「パスワードを変えれば済むこと」としている。

同社のマルウェアアナリストは、Investimer、Hyipblock、Mmpowerという名前で知られるサイバー犯罪者の活動について分析した。これらサイバー犯罪者は目的を達成するために、スティーラーやダウンローダー、バックドア、そしてクリップボードの内容を置き換えるモジュールの組み込まれたトロイの木馬マイナーを含む、幅広いマルウェアを使用している。その目的は金銭で、さまざまな手法による仮想通貨詐欺を実施。これにはアフィリエイトプログラム、オンライン宝くじも含まれるという。Investimerの違法行為の被害を受けたユーザは1万人を超え、被害額は2万3千ドルを超えるとみている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

    不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

  2. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

    予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

  3. 不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

    不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

  4. 疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  5. お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

    お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

  6. 「PowerDNS Authoritative Server」にDoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JPRS)

    「PowerDNS Authoritative Server」にDoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JPRS)

  7. 5G対応次世代ファイアウォール(パロアルトネットワークス)

    5G対応次世代ファイアウォール(パロアルトネットワークス)

  8. iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

    iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

  9. 中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

    中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

  10. CIS Controlsをベースにセキュリティ対策の効果測定を行うサービス(NRIセキュア)

    CIS Controlsをベースにセキュリティ対策の効果測定を行うサービス(NRIセキュア)

ランキングをもっと見る