誤送信で発電・小売電気事業者のメールアドレス556件が流出(中部電力) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.23(土)

誤送信で発電・小売電気事業者のメールアドレス556件が流出(中部電力)

中部電力株式会社は11月2日、同社の電力系統を利用している発電・小売電気事業者に案内メールを一斉送信した際に、受信者に全ての宛先が表示された状態で送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
中部電力株式会社は11月2日、同社の電力系統を利用している発電・小売電気事業者に案内メールを一斉送信した際に、受信者に全ての宛先が表示された状態で送信したことが判明したと発表した。

これは11月2日17時10分に、同社の電力系統を利用している発電・小売電気事業者に対して、託送料金に関する案内メールを送信した際、本来は他の宛先が非表示となるよう送信すべきところを誤って受信者に全ての宛先が表示された状態で送信したというもので、同日17:30に該当メールを受信した同社社員の指摘により発覚した。

今回の誤送信により漏えいしたメールアドレスは556件で、現在は対象者に個別に連絡し説明と謝罪を行っている。

なお同社では、10月31日にも委託会社の作業員が個人情報が記載された資料を紛失していた。

今後、同社では発生事象を全従業員へ周知し、個人情報保護の重要性についての意識高揚を図り、また具体的な対策についても検討するとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

    不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

  2. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

    予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

  3. 不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

    不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

  4. 疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  5. お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

    お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

  6. 「PowerDNS Authoritative Server」にDoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JPRS)

    「PowerDNS Authoritative Server」にDoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JPRS)

  7. iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

    iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

  8. 5G対応次世代ファイアウォール(パロアルトネットワークス)

    5G対応次世代ファイアウォール(パロアルトネットワークス)

  9. 中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

    中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

  10. CIS Controlsをベースにセキュリティ対策の効果測定を行うサービス(NRIセキュア)

    CIS Controlsをベースにセキュリティ対策の効果測定を行うサービス(NRIセキュア)

ランキングをもっと見る