サイバー犯罪におけるマフィアの機能とロシアンマフィア新潮流:オックスフォード大学研究 | ScanNetSecurity
2021.01.27(水)

サイバー犯罪におけるマフィアの機能とロシアンマフィア新潮流:オックスフォード大学研究

メディアでは、サイバー攻撃とマフィアの関係を報じることはあるが、その詳細をなかなか表にでてこない。マフィア研究では、シェリング、ガンベッタ、ヴァレーゼらの論文が有名だが、新たな論文がジョナサン・ラスタウス氏によって発表された。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
オックスフォード大学 ジョナサン・ラスタウス氏
オックスフォード大学 ジョナサン・ラスタウス氏 全 4 枚 拡大写真
 サイバー攻撃の大半は組織的に行われる。ハッカー集団だけでなく、詐欺グループや暴力組織、マフィアが関係するものも多い。

 サイバー攻撃とマフィアの関係の詳細はなかなか表に出ないが、新たな研究論文が今夏の Black Hat USA 2018 でジョナサン・ラスタウス氏によって発表された。ラスタウス氏は、オックスフォード大学で犯罪者の心理、とくに彼らの信条やどのように組織化が成立しているのかを調査するプロジェクトを指揮していた。このプロジェクトでは、7 年間、20 か国以上、およそ 240 人もの関係者インタビューを実施したという。調査結果は Harvard University Press から書籍が発売されている。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

    2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

  2. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  3. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  4. 日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

    日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

  5. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  6. 我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

    我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

  7. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  8. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

    Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  9. ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

    ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

  10. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

ランキングをもっと見る