2018年前期に報道された情報システム障害は35件、高水準で推移(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.17(月)

2018年前期に報道された情報システム障害は35件、高水準で推移(IPA)

IPAは、「情報システムの障害状況 2018年前半データ」を公開した。同データは、社会に影響を与え全国紙等に報道された情報システムの障害情報について半年ごとに取りまとめているもの。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
情報システムの障害発生件数の推移
情報システムの障害発生件数の推移 全 1 枚 拡大写真
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は11月30日、「情報システムの障害状況 2018年前半データ」を公開した。同データは、社会に影響を与え全国紙等に報道された情報システムの障害情報について半年ごとに取りまとめているもの。発表によると、2018年1月から6月の間に情報システムの障害は35件報道された。2017年は年間の月平均件数が約4件だったのに対し、2018年前半は6件近く、相変わらず障害の発生は高い水準にあるとしている。

6月26日には、みずほ証券でネットワーク装置の誤設定による障害が原因で、2日半にわたるシステム停止が発生した。また同27日には、認証のためのワンタイムパスワードシステムの不具合で、複数の銀行システムが半日以上停止している。このほか、金融機関の経営統合に伴うシステム障害など11件が確認されている。医療分野では、病院の電子カルテシステムの障害が3件発生した。

システムの不具合が原因で、個人情報が漏えいした事例では、IPAにおいてITパスポート試験の受付システムの障害により発生している。また、就職支援サイトの不具合で、本来送るべき求職者へのメールが別の求職者に届くという事例も発生した。発表ではこのほか、仮想通貨に関わるシステムの安全性についても言及し、セキュリティ事故や安全性、信頼性など顧客資産の安全確保の観点から注視していく必要があるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  3. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

  6. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  7. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  8. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  9. EDR、MDRサービスの利用が堅調に拡大--実態調査(IDC Japan)

    EDR、MDRサービスの利用が堅調に拡大--実態調査(IDC Japan)

  10. 1兆円突破、2017年度情報セキュリティ市場(JNSA)

    1兆円突破、2017年度情報セキュリティ市場(JNSA)

ランキングをもっと見る