米Bitglass社と販売代理店契約、CASBを国内に提供(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.26(金)

米Bitglass社と販売代理店契約、CASBを国内に提供(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、米国Bitglass(ビットグラス)社と、複数のクラウドサービスの利用を安全、適切に制御するCASBサービス「Bitglass」の販売代理店契約を締結し、12月10日より販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CASBサービス「Bitglass」の概要
CASBサービス「Bitglass」の概要 全 2 枚 拡大写真
株式会社日立ソリューションズは11月29日、米国Bitglass(ビットグラス)社と、複数のクラウドサービスの利用を安全、適切に制御するCASBサービス「Bitglass」の販売代理店契約を締結し、12月10日より販売を開始すると発表した。価格は個別見積。CASBは、不正利用による情報漏えい防止、データの暗号化、不審行動の監視などにより、企業のセキュリティポリシーに沿った安全なクラウドサービスの利用を可能にする。

今回、日立ソリューションズは、海外で350社100万ユーザの導入実績がある「Bitglass」をクラウドセキュリティ強化ソリューションのラインナップに追加し、企業の業態や課題に応じ、機密性の高い情報も安心して活用できるクラウドソリューションをトータルに提供していく。Bitglassは、クラウドサービス利用者のデバイスへの新たなアプリケーションやモジュール追加が不要なため、短期間での導入が可能。200拠点で2万人のユーザを抱えるグローバルメディア企業への導入が、2週間で完了した事例もあるという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 脆弱性診断の8割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

    脆弱性診断の8割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

  2. 首都圏2店舗の顧客情報が記録されたUSBメモリを紛失(ライフコーポレーション)

    首都圏2店舗の顧客情報が記録されたUSBメモリを紛失(ライフコーポレーション)

  3. 大学へのフィッシング攻撃成功率は 100 %、教育支援機関調査結果(The Register)

    大学へのフィッシング攻撃成功率は 100 %、教育支援機関調査結果(The Register)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

  5. 「個人情報漏えい事故防止マニュアル」を順守せず患者情報49名分を誤送信(大阪市)

    「個人情報漏えい事故防止マニュアル」を順守せず患者情報49名分を誤送信(大阪市)

  6. 小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

    小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

  7. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

  8. Windows AppX Deployment Service においてファイルハンドルの取り扱い不備により任意のファイルのフルアクセス権が掌握可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Windows AppX Deployment Service においてファイルハンドルの取り扱い不備により任意のファイルのフルアクセス権が掌握可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  9. 「エーデルワイン オンラインショップ」への不正アクセスでカード情報が流出(エーデルワイン)

    「エーデルワイン オンラインショップ」への不正アクセスでカード情報が流出(エーデルワイン)

  10. ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

ランキングをもっと見る