誤って本文中に215件のアドレスを掲載した状態でメールマガジンを送信(福岡県中小企業振興センター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.24(水)

誤って本文中に215件のアドレスを掲載した状態でメールマガジンを送信(福岡県中小企業振興センター)

公益財団法人 福岡県中小企業振興センターは11月16日、メールマガジン登録者へのメール送信の際、一部の登録者のアドレスが本文中に表示された状態で送信されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公式サイト
公式サイト 全 2 枚 拡大写真
公益財団法人 福岡県中小企業振興センターは11月16日、メールマガジン登録者へのメール送信の際、一部の登録者のアドレスが本文中に表示された状態で送信されたことが判明したと発表した。

これは11月12日16時20分頃に、同財団が運営する「ふくおか6次産業化・農商工連携サポートセンター」のメールマガジン登録者332件宛にメールマガジンを送信したところ、同日17時頃に受信者の1人からメール本文に複数者のアドレスが掲載されている旨の連絡があり判明したというもの。

同財団では、メールマガジン送信時にExcelファイルに入力したアドレスをBccにコピーして行っていたが、今回はExcelファイルの一部に誤りがあり電子メールに不具合が生じ、本文中にアドレスが掲載されるという誤送信が発生した。

誤送信した情報はメールアドレス215件で、氏名、住所、電話番号その他の個人情報は含まれていない。

同財団は、メールアドレスを誤送信された登録者215名に対し事実の説明と謝罪を行い、また誤送信先の登録者117名に対し謝罪と当該メールの削除を依頼した。

今後は、誤送信を発生させないメールマガジン専用のソフトフェアを早急に導入する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

  2. 脆弱性診断の 8 割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

    脆弱性診断の 8 割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

  3. 小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

    小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

  5. 6,123人の個人情報が記録された選挙人名簿照合用USBメモリを紛失(相模原市)

    6,123人の個人情報が記録された選挙人名簿照合用USBメモリを紛失(相模原市)

  6. サプライチェーンの責任範囲、「専門知識・スキル不足」で明確にできず(IPA)

    サプライチェーンの責任範囲、「専門知識・スキル不足」で明確にできず(IPA)

  7. OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

  8. Verizon製ルータの脆弱性発見(Tenable Network Security Japan)

    Verizon製ルータの脆弱性発見(Tenable Network Security Japan)

  9. 伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

    伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

  10. 新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

    新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

ランキングをもっと見る