企業のアタックサーフェス別クリプトジャッキング感染状況 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.18(金)

企業のアタックサーフェス別クリプトジャッキング感染状況

フォーティネットジャパンは、脅威レポート2018年第3四半期版、および2019年以降の脅威環境に関するFortiGuard Labs(フォーティガード ラボ)の予測を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フォーティネットジャパン株式会社 セキュリティストラテジスト 寺下 健一 氏
フォーティネットジャパン株式会社 セキュリティストラテジスト 寺下 健一 氏 全 14 枚 拡大写真
 フォーティネットジャパン株式会社は 11 月 28 日、脅威レポート 2018 年第 3 四半期版、および 2019 年以降の脅威環境に関する FortiGuard Labs(フォーティガード ラボ)の予測を発表した。

 同社セキュリティストラテジスト寺下健一氏によると、4 つのトレンドを Threat Landscape Index( TLI )指標により分析したところ、7 月から 9 月の 3 カ月間で 2.5 % 増加した。特にマルウェアのトレンドが大きく増加しているが、これは 1 万種の亜種が発生したためだという。割合では、クリプトジャッキングが企業の 19 %、モバイルマルウェアは 26 %で検出されている。

 特にクリプトジャッキングは悪質なものが増えており、マイニングだけでなくシステムの破壊を企てるものも多くなっている。講演では、「アドウェア」「 Android 」「 HTML 」「 JavaScript 」「 Linux 」「 Microsoft Intermediate Language 」「リスクウェア」「 Visual Basic Script 」など 9 つのプラットフォーム別に、Fortinet のセンサーによるマイニングマルウェアの検出規模が紹介された。

 深刻なエクスプロイトを経験した企業は65%に及んだ。また、HTTPS の割合が 72.2 %、SaaS アプリが 38、IaaS アプリが 32 と、3 つの指標が同時に過去最大の数値を記録した。

 2019 年の予測として同社は「人工知能ファジング( AIF : Artificial Intelligence Fuzzing )」「サービスとしてのスウォーム」「機械学習のポイズニング」「高度な偽装戦術」「統合されたオープンなコラボレーション」を挙げている。具体的には、AIF を使ったゼロデイマイニングやゼロデイエクスプロイトを予想している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

    アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

  2. セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

    セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

  3. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. 2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

    2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

  5. 国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

    国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

  6. ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

  7. 国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

    国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

  8. 「Windows 7」のサポート終了まで一年、注意を呼びかけ(IPA)

    「Windows 7」のサポート終了まで一年、注意を呼びかけ(IPA)

  9. フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

    フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

  10. スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

    スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

ランキングをもっと見る