政府統一基準対応のセキュリティリファレンス、AWS版を無償提供(富士ソフト、PwCあらた) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.25(月)

政府統一基準対応のセキュリティリファレンス、AWS版を無償提供(富士ソフト、PwCあらた)

富士ソフトとPwCあらたなどは、NISCが制定した政府統一基準(平成30年度版)に対応したセキュリティリファレンスを作成し、政府機関向けに無償提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
政府統一基準とリファレンスの関係イメージ
政府統一基準とリファレンスの関係イメージ 全 1 枚 拡大写真
富士ソフト株式会社とPwCあらた有限責任監査法人などは12月25日、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が制定した政府統一基準(平成30年度版)に対応したセキュリティリファレンスを作成し、同日より政府機関向けに無償提供を開始したと発表した。同リファレンスは、クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)環境におけるセキュリティ対応策の詳細を、網羅的に提示するもの。

NISCは2018年7月25日に、国内の政府機関が準拠すべき指針「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準」(政府統一基準)を改定し、サイバーセキュリティ対策の導入推奨やIoT機器などの新たなデジタルデバイスを政府統一基準の対象として明確化するなど、政府情報システムの将来像を見据えた内容を追加し、平成30年度版として公開している。

同リファレンスは、国内の行政機関および独立行政法人などに向け、AWSクラウド環境における改定後の政府統一基準の要件整理の考え方や必要となる情報、項目ごとの詳細な対応策を提供することで、各政府機関が安全で信頼性の高いシステム活用の実現を支援するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

    不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

  2. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

    予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

  3. 不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

    不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

  4. お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

    お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

  5. 「PowerDNS Authoritative Server」にDoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JPRS)

    「PowerDNS Authoritative Server」にDoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JPRS)

  6. 5G対応次世代ファイアウォール(パロアルトネットワークス)

    5G対応次世代ファイアウォール(パロアルトネットワークス)

  7. 「ドコモ・クラウド基盤」向けにIoTセキュリティソリューションを提供(ドコモ、トレンドマイクロ)

    「ドコモ・クラウド基盤」向けにIoTセキュリティソリューションを提供(ドコモ、トレンドマイクロ)

  8. CIS Controlsをベースにセキュリティ対策の効果測定を行うサービス(NRIセキュア)

    CIS Controlsをベースにセキュリティ対策の効果測定を行うサービス(NRIセキュア)

  9. 疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  10. 中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

    中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

ランキングをもっと見る