ニュースアトム読者からの返信ハガキ10枚を紛失(東京電力ホールディングス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.17(月)

ニュースアトム読者からの返信ハガキ10枚を紛失(東京電力ホールディングス)

東京電力ホールディングス株式会社は1月9日、同社の柏崎刈羽原子力発電所事務本館内にてニュースアトムの読者からの返信ハガキが10枚紛失していることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
東京電力ホールディングス株式会社は1月9日、同社の柏崎刈羽原子力発電所事務本館内にてニュースアトムの読者からの返信ハガキが10枚紛失していることが判明したと発表した。

これは1月8日に、事務本館内にて郵便物としての受領の検収のために数えた返信ハガキの枚数が、その後、返信ハガキを管理するためにナンバーをスタンプしながら数えた枚数が一致しないことにより判明したというもの。

当該ハガキには、投函者の氏名や住所、電話番号等の個人情報の記載欄があった。

同社では、事務本館内等を捜索したが、現時点で発見に至らず紛失の疑いがあるが、事務本館内でのみ取り扱っていたために発電所構外に個人情報が漏えいした可能性は低いとのこと。

同社では今後、再発防止対策を講じ個人情報の厳正的確管理に努める。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  3. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

  6. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  7. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  8. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  9. EDR、MDRサービスの利用が堅調に拡大--実態調査(IDC Japan)

    EDR、MDRサービスの利用が堅調に拡大--実態調査(IDC Japan)

  10. 1兆円突破、2017年度情報セキュリティ市場(JNSA)

    1兆円突破、2017年度情報セキュリティ市場(JNSA)

ランキングをもっと見る