自動車の緊急通報サービス対応デバイスを活用した実証実験を開始へ(SBI損害保険、SB C&S、ソフトバンク・テクノロジー、ボッシュ) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

自動車の緊急通報サービス対応デバイスを活用した実証実験を開始へ(SBI損害保険、SB C&S、ソフトバンク・テクノロジー、ボッシュ)

SBI損害保険とSB C&Sは、SBIグループの関係者を対象に、ドライバーの安全なカーライフをサポートする各種テレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を、2月より実施する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ボッシュの「テレマティクスeCall プラグ」
ボッシュの「テレマティクスeCall プラグ」 全 1 枚 拡大写真
SBI損害保険株式会社とSB C&S株式会社(旧社名:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)は1月28日、SBIグループの関係者を対象に、ドライバーの安全なカーライフをサポートする各種テレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を、2月より実施すると発表した。EUでは新社への装備が義務づけられている自動緊急通報サービス(自動eCall)対応デバイスより収集する運転行動データを活用する。

SB C&Sが提供する今回の実験環境では、ボッシュ株式会社が販売する自動eCall対応のデバイス「テレマティクスeCall プラグ」と、ソフトバンク・テクノロジー株式会社が提供するIoT活用に必要なサービスをつなげるプラットフォームサービス「IoT Core Connect(アイオーティーコアコネクト)」を採用した。

今回の実証実験の結果をもとに、SBI損害保険は、収集したデータを解析し、テレマティクス保険などドライバーの安全と利便性を向上させる革新的なサービスの開発を検討する。またSB C&Sは、データを活用したテレマティクスサービスの開発と国内企業への納入を推進するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  2. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  3. 株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

    株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

  4. ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

    ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

  5. 東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

    東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

  6. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

  7. コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

    コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

  8. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

  9. 発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

    発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

  10. オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

    オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

ランキングをもっと見る