もうひとつの国際スポーツイベント F1 を保護、開発拠点からサーキットまで(CrowdStrike) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.26(月)

もうひとつの国際スポーツイベント F1 を保護、開発拠点からサーキットまで(CrowdStrike)

CrowdStrikeは、メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツとグローバルパートナーシップを締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
CrowdStrikeは2月28日、メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツとグローバルパートナーシップを締結したと発表した。この提携は、これからのシーズンを通じて、このF1チームをサイバー攻撃から守ることを目的としたもの。この提携により、メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツは、英国ノーサンプトンシャー州ブラックリーの施設や、世界各国で行われるレースまたはテストの現場で、CrowdStrikeのテクノロジープラットフォームとサービスを使用する。

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツにおいては、1回のグランプリが開催される週末の間に1台の車から生成されるデータは平均500GB、ファクトリーで生成されるデータは毎週5~10TBに達する、膨大な量の情報を取り扱っている。また、同社のオペレーションは地理的に分散した設備で行われ、複雑なネットワークを基盤としているため、サイバー攻撃の脅威にさらされやすくなっている。

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツのチーム責任者かつ最高経営責任者(CEO)であるトト・ウォルフ氏は、「F1は、勝つためにはチームの動力源となる情報やインフラストラクチャに対して全面的な信頼が必要」としており、CrowdStrikeの共同創設者かつ最高経営責任者(CEO)であるジョージ・カーツ氏は、「世界各国で行われている大規模なスポーツイベントは広範なサイバー攻撃の標的となっている。チームが勝利を重ねれば重ねるほど、知的財産を盗み悪名を高めたいハッカーやサイバー攻撃者の標的となりやすい」と述べている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 「Webmin」の脆弱性を標的としたアクセスが増加(警察庁)

    「Webmin」の脆弱性を標的としたアクセスが増加(警察庁)

  3. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  4. DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

    DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

  5. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  6. 権威DNSサーバ「NSD」にゾーンパーサがクラッシュする脆弱性(JPRS)

    権威DNSサーバ「NSD」にゾーンパーサがクラッシュする脆弱性(JPRS)

  7. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  8. 会員向けスマホアプリにパスワード型リスト攻撃、16,756件が閲覧された可能性(三井住友カード)

    会員向けスマホアプリにパスワード型リスト攻撃、16,756件が閲覧された可能性(三井住友カード)

  9. 「セキュリティ要素が低い」とアカウント審査に誘導するAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    「セキュリティ要素が低い」とアカウント審査に誘導するAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  10. 帰宅途中で会議書類一時紛失、対策として書類のペーパーレス化徹底も(大阪市)

    帰宅途中で会議書類一時紛失、対策として書類のペーパーレス化徹底も(大阪市)

ランキングをもっと見る