販売子会社に対し不正アクセス、最大310万件の顧客情報流出の可能性(トヨタ自動車) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.05.24(金)

販売子会社に対し不正アクセス、最大310万件の顧客情報流出の可能性(トヨタ自動車)

トヨタ自動車株式会社は3月29日、同社の販売子会社に対し不正アクセスがあり、同ネットワークに接続されているサーバーに保存されていた顧客情報が社外に流出した可能性があることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
トヨタ自動車株式会社は3月29日、同社の販売子会社に対し不正アクセスがあり、同ネットワークに接続されているサーバーに保存されていた顧客情報が社外に流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは同社の販売子会社であるトヨタ東京販売ホールディングス株式会社傘下の東京トヨタ自動車株式会社、東京トヨペット株式会社、トヨタ東京カローラ株式会社、ネッツトヨタ東京株式会社、トヨタメトロジック株式会社に加え、レクサス小石川販売株式会社、ジャミール商事株式会社(レクサス練馬)、トヨタ西東京カローラ株式会社に対し、ネットワーク上の不正アクセスがあり同ネットワークに接続されていたサーバーに保存されていた顧客情報最大310万件が社外に流出した可能性があるというもの。

同社によると、今回流出した可能性がある情報にカード情報は含まれておらず、現時点で顧客情報が流出した事実は確認されていないが引き続き調査を進めてるとのこと。

今後、同社では販売店をはじめトヨタグループ全体における情報セキュリティ対策を改めて徹底し再発防止を図る。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. MBSD国分裕の「脆弱性診断士育成」カリスマ授業

    MBSD国分裕の「脆弱性診断士育成」カリスマ授業

  2. 「アンとケイト」に不正アクセス、登録情報が流出の可能性(マーケティングアプリケーションズ)

    「アンとケイト」に不正アクセス、登録情報が流出の可能性(マーケティングアプリケーションズ)

  3. NTTデータ先端技術サイバーセキュリティインテリジェンスセンター設立目論見

    NTTデータ先端技術サイバーセキュリティインテリジェンスセンター設立目論見

  4. 一田和樹 サイバーブックレーダー「サイバー完全兵器」デービッド・サンガー著

    一田和樹 サイバーブックレーダー「サイバー完全兵器」デービッド・サンガー著

  5. 不正アクセスにより医師の氏名を騙るなりすましメールを送信(東京都保健医療公社 多摩北部医療センター)

    不正アクセスにより医師の氏名を騙るなりすましメールを送信(東京都保健医療公社 多摩北部医療センター)

  6. ファイルサーバがランサムウェア感染、一部は所外流出可能性も(権田総合法律事務所)

    ファイルサーバがランサムウェア感染、一部は所外流出可能性も(権田総合法律事務所)

  7. 顧客データ人質にされた独大手 SI 企業の攻防、攻撃者が本誌に語った言い分(The Register)

    顧客データ人質にされた独大手 SI 企業の攻防、攻撃者が本誌に語った言い分(The Register)

  8. 一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは

    一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは

  9. 国外から不正アクセス 個人情報削除、パスワードハッシュ化済も万全期し全件変更(愛媛CATV)

    国外から不正アクセス 個人情報削除、パスワードハッシュ化済も万全期し全件変更(愛媛CATV)

  10. もみじまんじゅうの販売サイトに不正アクセス、カード情報が流出の可能性(藤い屋)

    もみじまんじゅうの販売サイトに不正アクセス、カード情報が流出の可能性(藤い屋)

ランキングをもっと見る