書類ケースを自家用車の屋根に置いたまま移動し患者の個人情報を一時紛失(茨城県西部メディカルセンター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.25(火)

書類ケースを自家用車の屋根に置いたまま移動し患者の個人情報を一時紛失(茨城県西部メディカルセンター)

地方独立行政法人茨城県西部医療機構茨城県西部メディカルセンターは4月10日、同院の職員が患者の個人情報が記載された文書を院外に持ち出し紛失したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
地方独立行政法人茨城県西部医療機構茨城県西部メディカルセンターは4月10日、同院の職員が患者の個人情報が記載された文書を院外に持ち出し紛失したことが判明したと発表した。

これは3月16日に、同院職員が自宅に持ち帰った資料の紛失に気付き上司に報告し、警察に紛失届を提出したというもので、その後3月22日に当該職員の通勤沿いの法面に書類が散乱しているとの通報があり複数回にわたり回収を行った。

回収した書類のうち29枚の文書には、患者26名分の氏名、年齢、性別、病名、既往症、経過等の個人情報が記載されていた。

同院によると紛失の原因は、当該職員が文書を自宅に持ち帰る際に使用した書類ケースを自家用車の屋根に置いたまま移動し、途中で路面に落下したためと推測される。なお同院では、許可なく同法人に帰属する媒体を院外に持ち出すことを禁止していた。

同院では、回収した文書と職員が保有していた文書が同一であることの確認が出来たため、該当する26名の患者に報告と謝罪を始めた。また未回収の文書が当該地域周辺に残っている可能性もあるため、引き続き回収に努めるとのこと。

今後、同院では個人情報管理に係る研修会の開催等により、個人情報の適正な取扱について注意喚起し再発防止に努める。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

    モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

  2. ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

    ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

  3. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  4. 脆弱性のあるリモートデスクトップサービスを探索するアクセスが増加(警察庁)

    脆弱性のあるリモートデスクトップサービスを探索するアクセスが増加(警察庁)

  5. 「Apache Tomcat」に、DoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Apache Tomcat」に、DoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  6. LinuxおよびFreeBSDカーネルに、DoS攻撃を受ける複数の脆弱性(JVN)

    LinuxおよびFreeBSDカーネルに、DoS攻撃を受ける複数の脆弱性(JVN)

  7. 「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

    「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

  8. アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

    アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

  9. LAN内の“無管理のIoT機器”をリスト化、個人は無償で利用可能(アズビル セキュリティフライデー)

    LAN内の“無管理のIoT機器”をリスト化、個人は無償で利用可能(アズビル セキュリティフライデー)

  10. 世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

    世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

ランキングをもっと見る