NECとFFRI協業、全ての企業へ国産セキュリティ製品を | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.26(月)

NECとFFRI協業、全ての企業へ国産セキュリティ製品を

NECとFFRIは、サイバーセキュリティ分野における協業を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本電気株式会社(NEC)と株式会社FFRIは5月15日、サイバーセキュリティ分野における協業を開始したと発表した。今回の協業は、中小企業・団体・地方自治体などといった小規模事業者が抱える課題の解決策となる製品・サービスの開発だけでなく、高度化が進むサイバーセキュリティに関する社会課題を解決するための包括的な協業体制を構築する。これにより、領域を限定することなく、より幅広いユーザを対象とした事業を協力し推進する。

NECは、AIによるシステムセキュリティ技術や暗号技術などを中核として、情報漏えいリスクの低減やあらゆる攻撃から社会システムのセキュリティ品質を確保している。また、ユーザのシステムに企画設計段階から運用も含めてセキュリティを考慮する、セキュリティ・バイ・デザインの考え方を通じた製品・サービスを提供している。FFRIは、セキュリティエンジニアが多数在籍しており、国産エンドポイント型標的型攻撃対策製品「FFRI yarai」は、中央省庁や官公庁をはじめ、グローバル企業などに採用されており、高い実績を持つ。

両社は今回の協業により、企業規模に関わらず多くのユーザへ国産サイバーセキュリティ製品を提供し、すべてのシステムに当たり前の安全・安心を提供し、暮らしと社会をより良い未来につなげていくとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 「Webmin」の脆弱性を標的としたアクセスが増加(警察庁)

    「Webmin」の脆弱性を標的としたアクセスが増加(警察庁)

  3. DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

    DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

  4. 権威DNSサーバ「NSD」にゾーンパーサがクラッシュする脆弱性(JPRS)

    権威DNSサーバ「NSD」にゾーンパーサがクラッシュする脆弱性(JPRS)

  5. 会員向けスマホアプリにパスワード型リスト攻撃、16,756件が閲覧された可能性(三井住友カード)

    会員向けスマホアプリにパスワード型リスト攻撃、16,756件が閲覧された可能性(三井住友カード)

  6. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  7. 帰宅途中で会議書類一時紛失、対策として書類のペーパーレス化徹底も(大阪市)

    帰宅途中で会議書類一時紛失、対策として書類のペーパーレス化徹底も(大阪市)

  8. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  9. 「セキュリティはチームスポーツ」CrowdStrike Services、Mark Goudie 氏インタビュー

    「セキュリティはチームスポーツ」CrowdStrike Services、Mark Goudie 氏インタビューPR

  10. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

ランキングをもっと見る