Shopware において Object Instantiation により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

Shopware において Object Instantiation により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

EC サイト向け CMS ソフトウェアである Shopware に、悪意のある Phar ファイルをアップロードして、遠隔から任意のコードを実行させることが可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
https://en.shopware.com/
https://en.shopware.com/ 全 1 枚 拡大写真
◆概要

 EC サイト向け CMS ソフトウェアである Shopware に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。脆弱性を悪用されてしまった場合は、Shopware が稼働している Web サーバの起動権限で、任意のコードが実行されてしまいます。最新版で当該脆弱性が修正されていないため、認証情報の強化または他の CMS ソフトウェアを利用することで対策してください。

◆分析者コメント

 当該脆弱性は 2017 年末に報告されているものですが、2019 年 5 月になり遠隔から任意のコードを実行する検証コードが公開されました。脆弱性の悪用には、管理用コンソールへのアクセスに成功していることが前提となる脆弱性ですが、GitHub に公開されている最新版の Shopware においても当該脆弱性が修正されていないため、認証情報の強化や代替の CMS ソフトウェアの移行により対策してください。

◆深刻度(CVSS)

[CVSS v3]
6.5
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2017-18357&vector=AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

[CVSS v2]
4.0
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v2-calculator?name=CVE-2017-18357&vector=(AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:N/A:N)

◆影響を受けるソフトウェア

 Shopware の GitHub での最新版であるバージョン 5.6 を含む全てのハージョンが当該脆弱性の影響を受けると報告されています。

◆解説

 EC サイト向け CMS ソフトウェアである Shopware に、悪意のある Phar ファイルをアップロードして、遠隔から任意のコードを実行させることが可能となる脆弱性が報告されています。

《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る