「アンとケイト」不正アクセス、アカウント情報 770,074 件流出(マーケティングアプリケーションズ) | ScanNetSecurity
2020.01.24(金)

「アンとケイト」不正アクセス、アカウント情報 770,074 件流出(マーケティングアプリケーションズ)

株式会社マーケティングアプリケーションズは5月24日、5月22日に公表した同社が提供する「アンとケイト」及び「ポケットアンとケイト」への不正アクセスによる情報流出について、現時点で判明した事実を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
「アンとケイト」トップページ
「アンとケイト」トップページ 全 4 枚 拡大写真
株式会社マーケティングアプリケーションズは5月24日、5月22日に公表した同社が提供する「アンとケイト」及び「ポケットアンとケイト」への不正アクセスによる情報流出について、現時点で判明した事実を発表した。

これは2019年5月22日に、第三者に一部サーバーの設定上の不備を攻撃されたことによる不正アクセスで顧客情報の流出を確認したというもの。

流出アカウント数は770,074件でその項目は以下の通り。

・全アカウントで流出した項目
メールアドレス、パスワード、生年月日、郵便番号、電話番号

・株式会社マーケティングアプリケーションズが「該当する選択肢を記載するため具体的な情報の明記はない」とする項目
性別、未既婚、子供の有無、個人年収、世帯年収、職業、勤務先業種、都道府県

・任意のため回答者のみ該当する項目
氏名、個人年収、市区町村、市区町村以降の住所、銀行口座の支店番号、口座番号、口座名義、Pexポイント口座番号、ドットマネー口座番号

同社では不正アクセス判明後に「アンとケイト」に係るサービスを全停止し外部アクセスの遮断とその他のアクセスについて監視を強化していたが、攻撃を受けたサーバーの設定上の不備への対応を行った上で5月24日に同サイトのモニターサイトを復旧した。また、個人情報が流出したアカウントのパスワードを無効化した上で、モニターにパスワードを再設定するようメールで個別に連絡を行っている。

同社では、本事案については警視庁に通報済みで、今後はサイバー攻撃への対策と監視の強化に加えて有識者を交えたセキュリティ監査を踏まえ再発防止策に取り組むとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

    社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

  2. 不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

    不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

  3. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  4. 「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

    「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

  5. マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

    マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

  6. 「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

    「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

  7. 脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるか

    脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるかPR

  8. 富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

    富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

  9. インシデント報告、フィッシングサイトの割合が7割近くまで増加(JPCERT/CC)

    インシデント報告、フィッシングサイトの割合が7割近くまで増加(JPCERT/CC)

  10. O365活用クラウドサービスにOutlookアドインの誤送信対策ツール追加(SBT)

    O365活用クラウドサービスにOutlookアドインの誤送信対策ツール追加(SBT)

ランキングをもっと見る