「アンとケイト」不正アクセス、アカウント情報 770,074 件流出(マーケティングアプリケーションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.16(月)

「アンとケイト」不正アクセス、アカウント情報 770,074 件流出(マーケティングアプリケーションズ)

株式会社マーケティングアプリケーションズは5月24日、5月22日に公表した同社が提供する「アンとケイト」及び「ポケットアンとケイト」への不正アクセスによる情報流出について、現時点で判明した事実を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
「アンとケイト」トップページ
「アンとケイト」トップページ 全 4 枚 拡大写真
株式会社マーケティングアプリケーションズは5月24日、5月22日に公表した同社が提供する「アンとケイト」及び「ポケットアンとケイト」への不正アクセスによる情報流出について、現時点で判明した事実を発表した。

これは2019年5月22日に、第三者に一部サーバーの設定上の不備を攻撃されたことによる不正アクセスで顧客情報の流出を確認したというもの。

流出アカウント数は770,074件でその項目は以下の通り。

・全アカウントで流出した項目
メールアドレス、パスワード、生年月日、郵便番号、電話番号

・株式会社マーケティングアプリケーションズが「該当する選択肢を記載するため具体的な情報の明記はない」とする項目
性別、未既婚、子供の有無、個人年収、世帯年収、職業、勤務先業種、都道府県

・任意のため回答者のみ該当する項目
氏名、個人年収、市区町村、市区町村以降の住所、銀行口座の支店番号、口座番号、口座名義、Pexポイント口座番号、ドットマネー口座番号

同社では不正アクセス判明後に「アンとケイト」に係るサービスを全停止し外部アクセスの遮断とその他のアクセスについて監視を強化していたが、攻撃を受けたサーバーの設定上の不備への対応を行った上で5月24日に同サイトのモニターサイトを復旧した。また、個人情報が流出したアカウントのパスワードを無効化した上で、モニターにパスワードを再設定するようメールで個別に連絡を行っている。

同社では、本事案については警視庁に通報済みで、今後はサイバー攻撃への対策と監視の強化に加えて有識者を交えたセキュリティ監査を踏まえ再発防止策に取り組むとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. 「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

    「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

  4. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  5. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  6. 県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

    県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

  7. ▼セキュリティホール情報 <2000-07-18〜24>

    ▼セキュリティホール情報 <2000-07-18〜24>

  8. サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

    サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

ランキングをもっと見る